一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

初めての盆栽

盆栽を趣味としているお年寄りの方は多いイメージがありますが、その魅力とは一体どこにあるのでしょう?

近年では盆栽の芸術性の高さについて外国でも評価され初めています。その魅力と育て方の方法についてご紹介していきます。

盆栽とは

盆栽の「盆」は鉢のこと。盆栽の「栽」は鉢で生きる木のことです。
鉢と木が一体となり「木の生命力」「自然の厳しさと素晴らしさ」「その木のある風景」を連想させてくれるものが盆栽です。
小さな鉢の中で四季を感じることのできる盆栽に愛着を感じる人は少なくないようです。

ガーデニング(園芸)との違いは?

ガーデニングとは庭作りとも言えます。単に植物を育てるのではなく、庭全体をどうデザインするかという意味合いも含まれています。1つの植物をいかに美しく育てるかに拘るよりは 庭全体をどれだけ美しく見せるかという点がポイントになります。

一方盆栽は、葉の茂み具合や色合いの調整、幹を強調するために他の枝を切ってしまったりと鉢の中の空間をいかに美しく見せることができるかに気を配ります。
植木のみではなく、鉢や苔、土などとともに、芸術作品として作り上げていくのが盆栽ということです。 自然の魅力を凝縮して表現するものであり、単純に小さな鉢に木を植えただけのものでは無いということを覚えておきましょう。

盆栽に植える樹の分類

盆栽にはたくさんの植物が取り入れられており、鑑賞目的によって大きく5つに分類されています。

松柏類
盆栽には欠かせない存在である松。年間を通じて緑を失うことなく、寿命が長いのが魅力です。また、他の樹木に比べて生育が遅いので盆栽としての形が崩れにくいのが特徴です。
(クロマツ、アカマツ、ゴヨウマツ、エゾマツ、ニシキマツなど)

葉物類
花や果実が付くことはありませんが、春の芽出しや夏の深緑、秋の紅葉、冬の落葉後の姿など四季を通して様々な姿を見せてくれます。生長が早く、育てやすいですが形を維持する作業が欠かせません。
(ケヤキ、楓、紅葉、コナラ、ブナなど)

花物類
盆栽としては少々特殊で、樹姿を見て楽しむというよりは花を見て楽しみます。花を付けさせる事が第一ではありますが、可能な限り全体のバランスが良くなるよう形を整えるようにしましょう。
(桜、梅、花ざくろ、黄梅、ロウバイ、サツキなど)

実物類
樹になった果実を楽しむ種類です。花物類と同じく実を付けさせる事が優先されますが、全体のバランスを見ながら剪定していきましょう。
(姫リンゴ、カリン、ウメモドキ、クチナシ、ナシなど)

草物類
単体で鑑賞するというよりは樹木盆栽と組み合わせて植えられる事が多いです。
(シダ、笹、サギソウ、アケビなど)

盆栽樹形の種類

盆栽は樹の姿を楽しむものです。その樹形には様々な種類がありますが、どれも自然に作られる形を元としています。それぞれの樹の特徴を活かし、その植物にあった姿に作ることが大事です。 ここでは基本的な樹形についていくつかご紹介します。

直幹
樹が根本から枝先までまっすぐに立って伸びている姿のもの。幹は空に向かってまっすぐ立ち、枝は前後左右にバランスよく振り出しています。
一見単調ではありますが、シンプルなのでごまかしがきかない樹形です。スギやヒノキが向いています。

斜幹
樹が左右どちらかに傾いた形。強風などにより斜めに生育された木樹を表現しています。傾きと反対方向にある根張で安定感を出すことがポイントです。
松やスギなどが向いています。

模様木
幹に曲がりを持ちながら柔らかな曲線を描くもの。自然に生えている木のほとんどがこの樹形になります。ゴヨウマツ。紅葉などに適しています。

文人木
枝を極端に少なくし、古木の雰囲気を出したもの。文人好みの木というのが由来です。幹は1本細いものを伸ばし、下枝がなく軽やかな感じを出します。梅、ゴヨウマツなどに適しています。

懸崖
断崖絶壁の場所や海岸に自生している様子で幹が鉢の縁から下方向へ大きく下がっているものを指します。バランスの取りにくい樹形であるため、倒れている反対側の根張りを強くするなどの配慮が必要です。ゴヨウマツ、紅葉などが適しています。


双幹
1本の樹で下枝が発達して幹のように立ち、2本の幹で育っている姿のこと。2本の幹のバランスが非常に重要です。紅葉、ブナなどが適しています。