一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

文鳥の飼い方や飼いやすい種類ごとにまとめました!

文鳥って意外と種類も多いし、インコよりは飼いやすいイメージですよね。
そんな文鳥の生態や飼い方、そして初心者でも飼いやすい種類などを紹介したいと思います。

文鳥の種類

実は、文鳥は沢山種類がいるんです。
種類というよりはカラーバリエーションと言った方が正しいかもしれません。
かなりの数のカラーがあるので、どの子も可愛いですがお気に入りのカラーを探すのも楽しいかもしれません。

並文鳥

ノーマルの文鳥で、文鳥といえばこの子を思い浮かべる人も多くいる普通の文鳥です。
ペットショップでもよくみるカラーバリエーションの子で馴染み深い子でもあります。





桜文鳥

並文鳥とカラーは似ていますが、1匹1匹模様が違います。
それぞれに模様があり、同じ子はいないのでお気に入りの子を探してみてください。





ゴマ塩文鳥

桜文鳥との定義はあいまいですが、ゴマ塩文鳥と呼ばれている子です。
白率が高く灰色の部分がある事がゴマ塩文鳥と呼ばれる境界線…なのかもしれませんがその部分は曖昧です。





白文鳥

真っ白な文鳥で、雛の時期に背中が灰色になっている子もいますが、どの子も羽の生え換わりや成長していくうちに真っ白になります。







アルビノ文鳥

どの動物にも少数産まれるアルビノです。
白文鳥にそっくりですが、目の色が赤いのがアルビノ文鳥の特徴になります。






シナモン文鳥

シナモンの色をしている文鳥です。
他の子達がグレー系や白が多い中シナモンの色の文鳥はとても珍しい毛色な気がします。 薄い茶色なのがまた可愛らしいですね。





シルバー文鳥

シルバー文鳥と言っても、シルバー文鳥の中にまたダークシルバーやライトシルバーなど細分化した色のカラーバリエーションがあります。
桜文鳥や並文鳥のグレーよりも、もっと薄いグレーなのが特徴です。




クリーム文鳥

クリーム色の文鳥で、シナモンよりは白の比率が高いのが特徴です。







イノ文鳥

こちらもシルバー文鳥と同じでイノ文鳥の中にもシルバーイノとクリームイノなど細分化したカラーバリエーションがあります。
特徴としては、真っ白ではなく少しシルバーの色があり美人さんなカラーになります。




アゲイト文鳥

頭や尾羽にシナモンの色が入っているのが特徴で、シナモン一色ではない他の色が入っている子が欲しい方はアゲイト文鳥がいいかもしれません。






頬黒文鳥

頭も頬も真っ黒で、黒の比率が多い文鳥のカラーになります。
頭が真っ黒だとなんだか文鳥っていう感じがしないですね。

ですが今までにないカラーなのであまり見ない文鳥のカラーが欲しいという人にはオススメです。