一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

落語の有名な噺 目黒のさんま

目黒のさんまのあらすじと解説

殿様が目黒まで遠乗りに出た際に、供がお弁当を忘れてしまいました。
殿様一同お腹をすかせていると美味しそうな匂いがしてきました。
殿様が何の匂いか聞いたところ

「この匂いは下衆庶民の食べる下衆魚、さんまというものを焼く匂いでした。決して殿のお口に合うものではございません。」

と言われましたが殿は「こんなときに、そんなことを言っていられるか」と言い、供にさんまをもってこさせました。
持ってきたさんまは、網や串、金属、陶板などを使わずさんまを直接炭火に突っ込んで焼いた隠亡焼きと呼ばれるもので、殿さまの口に入れるようなものではありません。
ですが、殿様は食べてみると非常に美味しく初めてさんまという魚の存在を知り、殿様は大好きになりました。

そしてある日、殿様の親族の集会で好きなものが食べられると言います。
殿様はさんまを所望しましたが、庶民の魚であるさんまはおいてはありません。

急いでさんまを買ってきますが、脂は体に悪いという事で脂を抜き小骨を取り形がボロボロになってしまいました。
流石に殿様には出せないので、お椀の中に入れて出しました。
しかし、目黒で食べたさんまとは程遠い味で不味いので、殿は 「どこで求めたさんまか」と問いました。

「はい。 日本橋魚河岸から取り寄せました」
「それはいかん。さんまは目黒に限る」

というくだりで、殿様が海とは無縁な目黒で獲れた魚の方が美味しいと断言するくだりでオチになります。

≪解説≫
これは所謂、世俗に無知な殿様に対しての風刺する噺でもあります。

そもそも、殿様が行った目黒とは何処を指していたのか特定できる要素は少なく目黒筋御場の範囲によると、馬込・世田谷・麻布・品川・駒場といった非常に広範囲になっています。

【殿様は何処でさんまを食べたのか?】

噺の中では出てこないのですが、鷹狩場周辺に徳川幕府の庇護の下にあり反映した目黒不動がありました。
この鷹狩~目黒不動参詣のあと、近辺の茶屋で休憩したと言われています。
その話がヒントとなったのではないか…とも言われています。

ちなみにこの茶屋は彦四朗という名前の百姓が開いたとされ、将軍家光が彦四朗の人柄を愛し「爺、爺」と呼びかけた事から、爺々が茶という名前になっています。
歌川広重の名所江戸百選にも題材とされています。

目黒道玄坂とかつて呼ばれた場所は今の道玄坂で渋谷道玄坂の事ですが、江戸時代では目黒道玄坂と呼ばれていました。

また、目黒区、目黒駅と恵比寿駅の間にある大使館の近くには茶屋坂という坂があり爺々が茶があったと信じられており現在では目黒区教育委員会によって「茶屋坂と爺々が茶屋」という標識が設置されています。

ただ、この場所で実際にさんまを売っていたのか…と言われれば些か疑問が残る点もあるようです。

【主人公の殿様とは誰のことなのか?】


噺の中で「大名」や「殿様」として出して実名を出さない演出も多いです。
勿論、実在の殿様とは関係のないものも多く、落語家や噺家によっても設定が寛永なので松平直政だと言う人もいます。
林家彦六は、この目黒のさんまの殿様を徳川将軍家という設定として、殿様が後で食べるさんまを江戸・日本橋で水揚げされたものとは決めず徳川御三家のひとつである水戸であるとスケールの大きい話にしている。

【最初に食べたさんまは何処で手に入れたのか】

殿様が御殿で食べたのは日本橋で買ったものですが、最初に食べたさんまはどこで入手したのか噺の中に特定できるものはありませんが、推測がいくつかされています。
・芝浜の魚市場
・別の魚市場
・目黒川
が推測されていますが、殿様が食べたときに「新鮮なさんま」だったのか「新鮮ではないさんま」だったのかで、また推測が変わってきます。
また、この頃に、まだ築地市場は存在してはいませんでした。

色々な憶測等がある中、長く語りつがれている噺の1つです。