一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

歌舞伎の歴史と演目の種類

歌舞伎の語源

歌舞伎という名称の由来は「傾く」という古語に当たる「傾く(かぶく)」という連用語を名詞化したものが「かぶき」だと言われています。

戦国時代の終わり頃から江戸時代の初頭にかけて京や江戸で流行した派手な衣装や一風変わった異形を好んだり、常識を逸脱した行動をするものを総じて指した言葉です。
こういう人たちをこの時代では「かぶき者」と言いました。

そうした「かぶき者」の斬新な動きや派手な装いを取り入れた独特の「かぶき踊り」が慶長に京で一世を風靡しました。
これが今日に連なる伝統芸能「歌舞伎」の元になりました。

歌舞伎の歴史

歌舞伎の元祖は「お国」という女性が創始した「かぶき踊り」であると言われています。
かぶき踊りは茶屋の女と戯れる場面を含むものが当代記には記されています。

茶屋とは色茶屋の事を言い、遊女まがいな女性の事を指します。
こうして、かぶき踊りは遊女の間に広まっていきました。

その後、遊女たちの間で流行ったかぶき踊りは「遊女歌舞伎」として全国に広まりました。
この遊女歌舞伎で三味線が使われた為、現代の歌舞伎の舞台でも三味線が使われるようになったのです。

少年が演じる歌舞伎(若衆歌舞伎)も行われて居た為、遊女や若衆をめぐって武士同士の喧嘩や刃傷沙汰が絶えませんでした。
その為、幕府から遊女歌舞伎も若衆歌舞伎は禁止されることになります。

【元禄時代近辺】
この頃には歌舞伎は「演劇」と言ってはばかりのないものに変わっていました。
市川團十郎(初代)藤十郎それぞれ和事・荒事を創始したとする記述はありますが、藤十郎が和事を演じたという同時代記録は残されていません。

また作品づくりにおいて江戸幕府の禁令ゆえの制限ができ、正保元年(1644年)に当代の実在の人名を作品中で用いてはならないという法令ができました。

元禄16年(1703年)には赤穂浪士の事件に絡んで(当時における)現代社会の異変を脚色する事が禁じられたのです。

これ以降歌舞伎や人形浄瑠璃は、実在の人名を改変したり時代を変えたりするなど一種のごまかしをしながら現実を描く事を強いられる事となりました。

明治になると新時代の世相を取り入れた演目(散切物、ざんぎりもの)が作られ これは明治の時代背景を描写し、洋風の物や語を前面に押し出して書かれていました。

構成や演出は従来の世話物の域を出るものではなく、革新的な演劇というよりは、むしろ流行を追随したかたちの生世話物といえます。

歌舞伎の演目は「歌舞伎狂言」と「歌舞伎舞踊」に分けられる

歌舞伎狂言は内容によって更に時代物と世話物に別けられます。
時代物とは、江戸時代より前に起きた史実を下敷きとした実録風の作品や、江戸時代に公家・武家・僧侶階級に起きた事件を中世以前に仮託した作品を言います。

時代物のうち、お家騒動を書いたものは御家物(おいえもの)、飛鳥~平安時代を描いたものは王朝物(おうちょうもの)と呼ばれる。

また世話物のうち、特に写実的要素の濃いものを生世話物(きぜわもの)という。明治になると当時の世相を描いた散切物という世話物のサブジャンルも生まれました。

また歌舞伎狂言はその起源によって分類する事もできます。
人形浄瑠璃の演目を書き換えたものを丸本物といい、能・狂言の曲目を原作としてそれらに近い様式で上演する所作事を松羽目物と言います。

また、新歌舞伎は、明治後期から昭和の初期にかけて劇場との関係を持たない独立した作者によって書かれた歌舞伎の演目の総称の事を指します。

そして、これをうけて明治時代に歌舞伎を近代社会にふさわしい内容のものにしようと生まれたのが第二次世界大戦以降に書かれたものが新作歌舞伎、または新作と呼んでいました。