一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

能と狂言の歴史

能とは

能は約600年という歴史を持ち、舞踏や劇、音楽、詩などの要素が混じりあった現在世界最古の舞台芸術です。能の特徴として主人公の殆どが幽霊で、すでに簡潔した人生を物語る話が中心となっている不思議な演劇です。

幽霊というと、怖い話のように思われがちですが、そうではなく時代や国によっても変わる事のない人間の本質や情念などが描かれています。

また、ギリギリまで省略された動きの1つ1つの中にはいくつもの内容が込められています。
無表情に見える能面には幾通りもの表情が隠されています。

能は日本人が作りだし、長い間日本人が見続け愛されてきた古典芸術の1つです。


<能の歴史>
能は五穀豊穣を祈る民族芸能や田楽、物まね芸能の猿楽、中国から伝わった散楽などがお互いに交流、影響しあって徐々に発展していきました。

南北朝時代になると、足利義満に認められ京都へ進出しました。
そして、観阿弥は物まね本位の猿楽能に音楽性・舞踏性の要素を取り入れ、その子世阿弥(ぜあみ)は幽玄美を追求する夢幻能を確立させ、能をさらに高度な舞台芸術に育っていきました。

江戸時代になると、能は武家の式楽として幕府に保護されるようになります。
幕府崩壊後は明治維新や戦争など数多くの混乱を乗り越え今でも受け継がれています。

狂言とは

これに対し狂言は能とほぼ同じ頃に発生し、この対照的な二つの演劇はセットで演じられることが多く、幽玄の世界から笑いの世界へと観客の心をリラックスさせてくれます。

登場人物は能と違って貴族や歴史上の人物ではなく、底抜けに明るい太郎冠者を主とした親しみやすいキャラクターで、当時を描いた笑いには現代に通じるものがある上に、その頃の日常的な話し言葉を使っているので内容もわかりやすく能と共に歩んだ長い歴史のなかで洗練された「笑いの芸術」といわれています。

本狂言の他に、能の間で解説的な役割をする間狂言や、祝言の式で演じられる「三番三(三番叟)」(さんばそう)など特殊なものもあります。


<狂言の歴史>
奈良時代に中国から渡来した「散楽」(さんがく)が、日本化して平安時代に「猿楽」(さるがく)となり鎌倉時代を通して悲劇的な歌舞劇である「能」に対して猿楽本来の笑いの要素がせりふ劇となり「狂言」が生まれました。

そうして能との組合せによって発展し中世庶民の間に滑稽・物真似の笑いをまき散らし、冗談や洒落を本位とすることなどにより笑いの度合いを次第に高め、洗練された芸能になったのです。

室町時代の後期に大蔵流・和泉流・鷺流が成立します。

幕府直属に大蔵流・鷺流、尾張徳川藩と宮中に和泉流が勤め江戸の混乱期を経て鷺流は廃絶します。

その後、大正・昭和と時代の荒波をくぐりぬけ現在は和泉流、大蔵流の二流が活動しています。