一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

老後に必要な資金は1億円?

「ゆとりのある生活に必要な老後資金は1億円」とよく言われています。途方もないような金額ですが、この数字はどこから出て来たのでしょう?
生命保険文化センターによる「平成28年度 生活保障に関する調査(速報版)」では、ゆとりある老後生活費は月平均34.9万円と発表しています。


仮に夫婦2人で60歳から85歳まで25年間生活すると考えると[34.9万円×12ヶ月×25年=1億470万円]ということになります。

本当に1億円必要なのか?

では、実際に自分の生活費で確認してみましょう。老後にかかる生活費総額は「月々にかかる生活費×12ヶ月×余命=実際に生活する上で必要な資金」を割り出すことが出来ます。
アンケートによると、ひと月あたりの最低予想生活費は約27万円と言われています。
先程の「ゆとりある老後生活費。月平均34.9万円」と比べると随分差がありますね。

「最低予想生活費 約27万円」を一番初めの式に当てはめると
  [27万円×12ヶ月×25年=8,100万円]となります。
最低限の暮らしを送るには1億円まで無くても賄えることになります。

しかし、これはあくまで最低限の生活を送るための資金なので、趣味や旅行など余暇に使えるお金のことは考慮されていない額です。せっかくの老後を趣味や旅行で楽しむためには、もう少し余裕を持った金額が欲しいところでしょう。

老後資金の準備について

必要な額が分かったところで「自分が年金を受け取れる時にはどれくらい貰えるのか」「自分は老後破綻の心配は無いのだろうか」といった不安は尽きません。
年金が貰える額は加入している年金制度や働いていた時の給与によって大きく異なりますが、一度自分の条件について調べてみると不安も解消されるかと思います。 しっかり先を見据えておくことにより、定年後も働くという選択肢も可能になりますね。
闇雲に不安がるのではなく、しっかり計画を立てて楽しい老後生活を遅れるようにしましょう!

こちらのページで年金についての知識を深めましょう→ 年金の種類と貰える額