一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

老後のための貯蓄について

老後に必要となるお金と貰えるお金が分かったところで、自分で準備しなければいけない金額は幾らくらいになるのでしょう?
ただ闇雲に貯金をするだけではなく、目標を設定することでモチベーションも上がりますし、 60歳で退職しても生活していくことが可能なのか、定年を過ぎても続けて働く必要があるのかどうかも分かってくるかと思います。

必要な貯蓄額は4000万円?

まずは貰える額についてもう一度整理しましょう。ここでは年金収入は月21万円程度、夫婦で60歳から85歳まで25年間生きると考えます。
すると貰える年金額は「21万円×12ヶ月×25年=6300万円」
老後のゆとりある生活のために約1億円必要とすると不足額は3700万円となります。

もちろんこの額を残していないと生活が出来ないということはありませんが、一つの目安として覚えておくと良いかもしれませんね。

長期戦になるので先を見越した資金繰りが大事

年金で生活する期間を25年と考えると、最初は十分だと思っていた貯金額でも足りなくなってしまうことが考えられます。
年齢を重ねた後に収入を得ることは容易ではありません。なので途中で足りなくなってしまった!とういうことにならないように、生活費も計画的に使っていく必要があります。
月にいくらまでなら貯金を切り崩しても大丈夫なのか。怪我や病気など不測の自体に備えて残しておきたい額はいくらか。などを考えながら生活していきたいですね。

老後資金を貯めるコツ

では、どのようなポイントを押さえておけば老後の資金を貯めることができるのでしょうか?
2つのポイントをお教えします。


  • 賃貸か持ち家か、早めにシミュレーションをする
    年金生活後も住居費は支出の中で大きな割合を占めるかと思います。持ち家の場合は住居費がかからず、賃貸の場合は当然家賃がかかってきます。 また、持ち家でもローンが残って居た場合など・・状況は様々です。住居費は毎月の固定費となるので、早いうちからシミュレーションしておくことで毎月の出費と貯金額を見直してみましょう。

  • 家族で協力して行う
    日々の生活を節約し、貯金をするためには家族の協力が不可欠です。どうしてもこだわりたい部分、節約しても大丈夫な部分は人によって違います。 ストレスが溜まってしまうようでは節約も長続きしません。家族のスタイルに合った貯蓄の仕方を考えることが第一歩です。

年金生活。どうやって生きる?

年金生活は苦しい。切り詰めなければいけない。そんな事ばかり考えてしまうと、せっかくの老後の暮らしも味気ないものになってしまいます。

楽しく生き生きと暮らすためにも、楽しむ時にはお金のことは気にせずにいたいものですね。
自分の収入レベルにあった生活や楽しみを見つけて素敵な老後生活を送りましょう。