一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo
mainvisual

終活とは?

「終活」という言葉について1度は耳にしたことがあるかと思います。人生の終わりを考えるなんて後ろ向きだとお思いでしょうか?
最近では「人生の終わりを気持ち良く締めくくるための準備」など前向きな捉え方が主流になってきています。

暗いものだと思って目を背けるのではなく、今後の人生をより自分らしく生きていく事が出来るように終活について学んでみませんか?

残りの人生をどのように生きていきたいか

「終活」とは人生の終わりに向け前向きに準備することで、今をよりよく生きる活動です。
高齢化と少子化は進行し、また経済的にも厳しい現代で、自分が亡くなった後に身内にかかる負担について不安を感じる人が多くなったことは事実です。
少しでも家族の負担を軽くしてあげたいという気持ちから生まれた終活ですが、現在では自分の最期まで自分の理想を考えることができるという楽しみや、我が子や孫に負担をかけずに済む安心感の方が大きくなり、前向きなものへと変わっていっているようです。

最期まで自分らしくあるために、まずはあなたのこれまでの人生を見つめ、これから残りの人生をどのように生きていきたいか思い描いてみましょう。

終活のメリット

家族や残された人たちへの負担を減らすことが出来る
葬儀について、遺産相続について。残された家族には決定しなければならない事が山積みです。それがきっかけとなって家族の間に亀裂が入ってしまうことは誰しも望まないことでしょう。自分の財産や荷物を整理し、予め意思を伝えておくことにより家族の負担を軽減することができます。

自分の気持の整理が出来る
自分の人生を振り返ることにより漠然とした不安や悩みを整理することが出来ます。

これからの人生をどう送るかを考えることができる
自分を見つめ直すことによって本当にやりたいこと、やるべきことが明確になってきます。
残された時間を実感することによって、悔いのない最期を迎える準備をすることが可能になります。

具体的には何をする?

では、具体的に何をすればいいのでしょう?終活の内容は人によって様々ですが、一般的には以下の事柄が含まれるようです。

  • 資産の整理
  • 医療・介護の準備
  • 相続や後見人に関する取り決め
  • エンディングノートの作成
  • 葬儀・お墓の準備
  • セカンドライフについて考える

次のページからは具体的な内容について1つずつ解説していきます。 →エンディングノート