一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

安倍首相、台風19号「復旧に全力」=激甚災害指定へ調整-参院予算委



参院予算委員会は15日、安倍晋三首相と全閣僚が出席して基本的質疑を行った。首相は冒頭、甚大な被害を出した台風19号への対応について「現場主義を徹底し、被災者が一日も早く安心して暮らせる生活を取り戻せるよう全力を尽くしていく」と強調。激甚災害に指定する方向で調整を進める方針を示した。

同日の予算委は当初の審議時間に加え、台風19号に関する1時間の枠を設けた。立憲民主党の杉尾秀哉氏は、自民党の二階俊博幹事長が台風被害を「まずまずに収まった」と発言したことをただした。首相は「『この程度であればよかった』ということは全くない」と語った。

国民民主党の森裕子氏は、東京都台東区が自主避難所へのホームレス受け入れを拒否した問題を取り上げ、政府の見解を聞いた。首相は「避難所では避難した全ての被災者を適切に受け入れることが望ましい。事実関係を確認し、適切に対応したい」と述べた。

一方、関西電力幹部の金品受領問題をめぐり、森氏は同社幹部の国会招致の必要性を訴えた。首相は「国会で決めることだ」と述べるにとどめた。

【時事通信社】 〔写真説明〕参院予算委員会で、台風19号の政府対応を説明する安倍晋三首相=15日午前、国会内

2019年10月15日 11時49分


関連記事

地方創生、先端技術活用を=新総合戦略

安倍首相、違法性を否定=「参加者が全

「51人以上企業」に拡大案=パート年

皇位安定継承、検討先送り=来年4月「

19年度税収、下方修正へ=3年ぶり赤

自衛隊の中東派遣、年明けに=計画策定

男系男子「こだわらぬ」8割弱=自民支

ブランド果樹、栽培地制限=海外流出受

桜を見る会、「国会決めれば説明」=安

楽観一転、幕引き急ぐ=政府、「桜を見

野党、「公選法違反」疑念強める=桜を

国民投票法、今国会成立厳しく=採決日

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース