一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

日本経済、停滞の兆し=GDP、10~12月期はマイナスの見方



内閣府が14日発表した2019年7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.1%増(年率換算0.2%増)と4四半期連続のプラス成長を確保した。しかし、10月の消費税増税前の駆け込み需要が個人消費を押し上げるには至らなかった。世界景気の減速の影響から日本経済は停滞し、駆け込みの反動減が生じる10~12月期は5期ぶりのマイナスに転じるとの見方が根強い。

駆け込み消費をめぐっては、自動車や住宅などで増税前後の販売の急変動を抑える政策効果もあり、「(14年4月に消費税率8%に上げた)前回と比べてそれほど大きくない」(トヨタ自動車の近健太執行役員)との受け止めが多い。ただ、前回増税前の14年1~3月期は年率3.9%成長だったのに対し、今回はゼロ成長に近く、専門家の間では「消費の基調自体が弱い」(斎藤太郎ニッセイ基礎研究所経済調査部長)と懸念の声が上がる。10~12月期の反動減が小幅にとどまったとしても消費低迷が長引く恐れがある。

飲食料品を税率8%に据え置く軽減税率など、あの手この手の政府の平準化策も一定の効果を上げている形だが、実質所得の目減りで家計は節約志向を強めている。斎藤氏は、内需の柱である個人消費に力強さを欠いたまま、10~12月期には年率2%台のマイナス成長に陥ると予想する。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの小林真一郎主席研究員は、10~12月期にいったん年率1.4%程度のマイナスに転じた後、年明け以降、緩やかに景気回復する姿を描く。ただ、進展しかけた米中貿易協議の後退を懸念し「最大の下振れリスクは海外経済」と、輸出の停滞長期化に警戒を強める。

GDPの結果を聞いた中西宏明経団連会長は「不透明感の払拭(ふっしょく)が大きな課題だ」と表情を引き締めた。

【時事通信社】

2019年11月14日 19時56分

economy


関連記事

景況感、4四半期連続悪化=増税、台風

デジタル通貨、急ぐ中国=経済勢力図に

ぺんてる争奪戦が佳境=株買い取り9日

ネット証券、手数料撤廃の競争過熱=迫

銀行業界で広がる手数料引き上げ=預金

OPEC、減産拡大で合意=ロシアなど

米雇用、26万6000人増に急加速=

米ウーバーで性被害3000件=18年

三菱UFJ銀、取引ない口座に手数料検

10月家計支出、5.1%減=消費増税

アラムコ、史上最大2.7兆円調達=時

韓国の輸出管理確認へ=16日に局長級

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース