一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

自衛隊の中東派遣、年明けに=計画策定、慎重期す―政府



政府は、自衛隊の中東派遣について、年明け以降とする方向で調整に入った。当初は年内派遣も想定していたが、活動内容や必要な装備などの課題は多く、派遣計画の策定は慎重を期す必要があると判断。与党から拙速を避けるよう求める声があることも踏まえた。政府関係者が15日、明らかにした。

政府は防衛省設置法の「調査・研究」を法的根拠に、中東海域での情報収集活動を想定。海上自衛隊の護衛艦1隻を新たに派遣し、ソマリア沖で海賊対処に当たっている哨戒機のうち1機を充てる案を軸に検討している。

中東派遣をめぐり、与党内では「調査・研究」を法的根拠とすることへの疑問や、派遣自体に対する慎重論もある。このため政府は、法律上は不要だが、与党の事前審査や閣議決定を踏む方針だ。

【時事通信社】

2019年11月15日 17時04分

politics


関連記事

哨戒機、アデン湾中心に検討=対空ミサ

改憲、不透明感増す=臨時国会、9日閉

「社会的企業」に財政支援=引きこもり

「桜」追及、疑問残し越年へ=文書廃棄

ベンチャー投資促進へ、出資額の25%

立憲、国・社に合流呼び掛け=枝野氏「

未発生地でも接種検討=豚コレラワクチ

通常国会、来月20日召集が軸=首相の

閣内トップ、茂木氏1.5億円=麻生氏

野党、内閣不信任を9日に判断=会期延

厚労省「妊婦加算」抜本見直し=来年4

衆院憲法審、開催見送り=最後の定例日

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース