一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

白鵬、明生退け単独トップ=大相撲九州場所6日目



大相撲九州場所6日目(15日、福岡国際センター)

白鵬は初顔の明生を問題にせず、1敗を堅持。明生のほか、遠藤に敗れた朝乃山、炎鵬らも2敗に後退し、白鵬が単独トップに立った。大関は共倒れ。貴景勝は玉鷲に押し出されて3敗、かど番の高安は妙義龍に寄り倒されて4敗となった。関脇御嶽海は宝富士に寄り切られて4敗目を喫した。

【時事通信社】 〔写真説明〕白鵬(左)は上手出し投げで明生を下す=15日、福岡国際センター

2019年11月15日 18時48分


関連記事

佐藤幸椰が初V=小林陵侑は6位―スキ

佐藤幸椰が初優勝=W杯ジャンプ男子

羽生、逆転ならず2位=チェンが世界最

横浜M、15季ぶり制覇=頂上決戦で快

横浜M、令和最初の王者=15季ぶりJ

五輪マラソンは午前7時スタート=コー

鈴木愛、2年ぶり賞金女王=渋野の逆転

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース