一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

アラムコ、史上最大2.7兆円調達=時価総額世界一―サウジ国営石油IPO



【カイロ時事】サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは5日、国内で予定している新規株式公開(IPO)での公募価格を1株32リヤル(約930円)に設定したと発表した。上場に伴う調達額は960億リヤル(約2兆7800億円)に達し、2014年にニューヨークで上場した中国電子商取引最大手、阿里巴巴(アリババ)集団を抜き史上最大となる。

公募価格はアラムコが目安に設定していた30~32リヤルの上限。サウジの王族や個人に加え、サウジと緊密な湾岸諸国を中心に機関投資家が高い関心を寄せた形だ。公募価格を基に算出すると、企業価値を示す時価総額は1兆7000億ドル(約185兆円)となり、米国のアップルやマイクロソフトなどを上回り世界一に躍り出る。

アラムコ上場は、サウジの石油依存脱却を図り、資金調達先の多角化を模索するムハンマド皇太子による国家改革の目玉。上場で得た資金で政治、経済、社会の諸改革を推進する方針だ。

【時事通信社】

2019年12月06日 06時24分

economy


関連記事

熊本のバス5社、共同経営で合意=独禁

東京株、下げ幅一時500円超=新型肺

丸の内周辺開発に7000億円=三菱地

中国経済に打撃必至=新型肺炎、消費・

「eスポーツ」で社員親睦=旅行や運動

消費者物価0.6%上昇=ガソリン下落

ベア回答、格差容認=春闘、業績ばらつ

19年の不正アクセス被害最多=32社

鉄道各社、五輪準備大詰め=新駅開業続

19年の貿易収支、2年連続赤字=米中

満天の星、届けます=プラネタリウム輸

コンビニ店舗、初の減少=競争激化で出

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース