一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

羽生、逆転ならず2位=チェンが世界最高で3連覇―フィギュアGPファイナル



【トリノ時事】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ上位6人で争うファイナル最終日は7日、イタリアのトリノで男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の羽生結弦(ANA)は合計291.43点で2位にとどまり、3年ぶり5度目の優勝はならなかった。

SP首位のネーサン・チェン(米国)がフリーで自らの世界歴代最高得点を更新する224.92点をマークし、合計も335.30点の世界最高得点で3連覇を果たした。

同時開催のジュニアGPファイナルは男子フリーが行われ、佐藤駿(埼玉栄高)がSP3位から逆転し、合計255.11点で優勝した。日本男子の優勝は2014年の宇野昌磨以来で4人目。鍵山優真(星槎国際高横浜)は4位だった。

【時事通信社】 〔写真説明〕男子フリーの演技を終えた羽生結弦=7日、トリノ(AFP時事)

2019年12月08日 00時51分


関連記事

大関豪栄道が引退へ=歴代10位の在位

徳勝龍、貴景勝破り初V=20年ぶりの

徳勝龍、正代破り初V王手=貴景勝は3

幕尻の徳勝龍が初優勝=33歳5カ月、

松田が優勝、五輪代表へ前進=日本歴代

中京大中京、履正社など32校=21世

正代、徳勝龍1敗で並走=1差で貴景勝

夏の祭典、東京五輪まで半年=3月の聖

正代と徳勝龍、1敗堅持=大相撲初場所

貴景勝、炎鵬下し給金=大相撲初場所1

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース