一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

佐藤幸椰が初V=小林陵侑は6位―スキーW杯ジャンプ男子



【ニジニータギル(ロシア)時事】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は7日、ロシアのニジニータギルで個人第3戦(HS134メートル、K点120メートル)が行われ、24歳の佐藤幸椰(雪印メグミルク)が251.6点でW杯初優勝を果たした。1回目126.5メートルで7位につけ、2回目の132メートルで逆転した。

昨季総合王者の小林陵侑(土屋ホーム)は126メートル、130メートルの244.6点で6位だった。伊東大貴は11位、小林潤志郎(ともに雪印メグミルク)は26位。中村直幹(東海大札幌ク)は1回目36位で、上位30人による2回目に進めなかった。

【時事通信社】

2019年12月08日 07時19分

sports


関連記事

大関豪栄道が引退へ=歴代10位の在位

徳勝龍、貴景勝破り初V=20年ぶりの

徳勝龍、正代破り初V王手=貴景勝は3

幕尻の徳勝龍が初優勝=33歳5カ月、

松田が優勝、五輪代表へ前進=日本歴代

中京大中京、履正社など32校=21世

正代、徳勝龍1敗で並走=1差で貴景勝

夏の祭典、東京五輪まで半年=3月の聖

正代と徳勝龍、1敗堅持=大相撲初場所

貴景勝、炎鵬下し給金=大相撲初場所1

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース