一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

夏の祭典、東京五輪まで半年=3月の聖火リレーからにぎわい



東京で56年ぶりに開催される夏季五輪の開会式まで、24日であと半年。メインスタジアムの国立競技場など、史上最多33競技の舞台となる競技会場は準備がほぼ整い、各国・地域の選手団の拠点となる晴海の選手村も宿泊棟が完成した。

スポーツの祭典を迎える雰囲気は聖火リレーが始まればおのずと高まってくる。47都道府県の各地を走行するランナーも続々と決まり、2月15日には東京都内でリハーサルが行われる。

聖火は3月12日に古代オリンピック発祥のギリシャ・オリンピアで採火され、ギリシャでのリレーと引き継ぎ式を経て20日に日本に到着。26日に福島県のサッカー施設、Jヴィレッジからスタート。東日本大震災が起きた2011年にサッカー女子ワールドカップを制した日本代表(なでしこジャパン)のメンバーが、第1走者として先陣を切る。

主役のスポーツでは各競技の日本代表争いが佳境を迎える。3月ごろから団体競技の対戦組み合わせが続々と決まり、本番ムードが増してくる。

23日には「ニッポンを纏(まと)う」がコンセプトの日本選手団公式服装がお披露目された。五輪とパラリンピック共通のデザインで、開会式用は白のジャケットに赤いパンツ。開閉会式の演出について、大会組織委員会の森喜朗会長は「オリパラが一体であることが彩られるように」と望んだ。

【時事通信社】 〔写真説明〕東京五輪の主会場となる国立競技場=東京都新宿区

2020年01月23日 15時31分


関連記事

ラグビー、バスケットなど延期=「苦渋

プロ野球オープン戦72試合は無観客=

Jリーグ、3月15日までの94試合延

横浜M、黒星スタート=J1

大野、新井、田代が優勝=東京五輪代表

柏、復帰初戦飾る=J1

浦和が競り勝つ=28年目シーズン開幕

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース