一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

19年の不正アクセス被害最多=32社、890万人分が流出―民間調査



民間信用調査会社の東京商工リサーチ(TSR)は23日、2019年にウイルス感染・不正アクセスの被害に遭い個人情報が漏えいしたと公表した上場企業が32社(41件)に上ったとする調査結果をまとめた。12年の調査開始以来最も多く、890万人分の情報が流出した。インターネットを利用した電子商取引(EC)市場への参入が増え、サイバー攻撃の被害が増えている。

サイバー攻撃問題では、三菱電機が約8000人分の個人情報流出を発表したばかり。社内ネットワークへの侵入に気づかないケースもあり、TSRは「氷山の一角ではないか」と指摘する。

TSRによると、19年に個人情報の漏えいや紛失を公表した上場企業(子会社を含む)は66社(86件)。903万人分に達したが、その大部分が一度の発生で被害が大きくなりやすいウイルス感染・不正アクセスによるものだった。

【時事通信社】

2020年01月23日 19時44分

economy


関連記事

相次ぐ企業説明会中止=採用活動に打撃

東京株、下げ続く=新型肺炎拡大が嫌わ

NY株大幅続落、879ドル安=新型肺

東京株、一時477円安=新型肺炎警戒

愛知の旅館が経営破綻=新型肺炎で初、

東京株、781円下落=新型肺炎警戒、

NY株、1031ドル安=新型肺炎拡大

東京株、急落=新型肺炎が世界を直撃―

NY株急落、一時997ドル安=新型肺

G20、政策総動員を明記=新型肺炎の

中国、感染対策との両立に苦慮=企業再

世界成長、3.2%に下げ=中国は30

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース