一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

平均4787万円、最高値更新=戸数は43年ぶり低水準―19年の新築マンション



不動産経済研究所が20日発表した2019年の新築マンションの1戸当たりの全国平均価格は前年比0.6%上昇の4787万円と、3年連続で過去最高を更新した。一方、発売戸数は12.0%減の7万660戸で、1976年以来、43年ぶりの低水準だった。価格高騰を受けて消費者が購入に慎重となり、業者も供給を絞った。この傾向は20年も続きそうだ。

資材価格や地価の上昇、人手不足で建築費が高止まりし、平均価格を押し上げた。首都圏は1.9%上昇の5980万円、近畿圏は0.6%上昇の3866万円だった。

地方都市でも札幌市や仙台市が上がった。投資用の単身向けなどの住宅の供給が増えた名古屋市、広島市、福岡市は下落した。

発売戸数は、首都圏、近畿圏、東海・中京圏を中心に減少した。

【時事通信社】

2020年02月20日 16時32分

economy


関連記事

コロナ関連の破綻、25都道府県で45

HIS、6000人一時帰休=百貨店も

3月の街角景気、過去最悪=リーマン後

2月経常黒字、21.2%増=新型コロ

ホンダ、米国で1万人を一時帰休=日産

楽天、携帯サービス本格化=大手3社に

EV電池、共同リサイクル強化=北海道

緊急宣言、経済界も協力=景気に打撃、

3月消費者心理、下落幅最大=基調判断

マグロ競り、見直し求める声も=豊洲で

東京株、一時800円高=政府のコロナ

ロシア、大幅減産を容認=産油国、米の

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース