一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

G20、政策総動員を明記=新型肺炎の影響監視強化―財務相会議が声明採択・閉幕



【リヤド時事】サウジアラビアの首都リヤドで開かれていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は23日、共同声明を採択して閉幕した。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が世界経済のリスク要因として急浮上したことに懸念を共有。G20は声明で、一連の問題への対応として「政策を総動員する」と表明し、持続的でバランスの取れた成長を目指す意向を示した。

さらに声明は「(新型肺炎の)感染拡大を含め、世界経済のリスク要因の監視を強化する」とした上で、「G20はこうしたリスクに引き続き対処し、さらなる行動を取る用意がある」と指摘。世界経済は「2020年と21年に向けて緩やかに上向く」としながら、地政学や貿易をめぐる緊張を背景に失速の恐れが残るとの見方を示した。

サウジのジャドアーン財務相は閉幕後の記者会見で「新型肺炎などのリスクに世界保健機関(WHO)を含めすべての国・機関が対応の用意がある」と述べた。

会議には麻生太郎財務相と黒田東彦日銀総裁が参加した。22日の初日の討議では、麻生氏が新型肺炎について「マクロ経済に深刻な影響を及ぼし得る」と発言し、参加者からも懸念を示す声が相次いだ。

【時事通信社】 〔写真説明〕20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の閉幕後に記者会見する議長国サウジアラビアのジャドアーン財務相(右)=23日午後、リヤド

2020年02月24日 01時00分


関連記事

日産、5000億円超の融資打診=新型

11年ぶり、全地域の景気判断下げ=新

産油国、過去最大の減産=日量1000

セブンとローソン、21年2月期の業績

主要産油国、大幅減産で合意=日量20

「未曽有の危機」警告=世界恐慌以来の

ロシアとサウジ、原油減産で合意=ロイ

米失業保険申請660万件=新型コロナ

休業か否か、サービス業困惑=国と都の

今年の世界貿易、32%減=大恐慌時と

新型コロナ「深刻な影響」=経済先行き

ゼロ金利「強力な政策」=世界金融の混

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース