一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

東京株、781円下落=新型肺炎警戒、世界同時株安



25日の東京株式市場は、新型コロナウイルスによる肺炎が中国以外でも広がり、世界経済が悪化する恐れがあるとして、幅広い銘柄が売られ、全面安となった。日経平均株価の終値は前週末比781円33銭安の2万2605円41銭。2019年10月以来約4カ月ぶりの安値で、下落幅は18年12月25日(1010円45銭)以来約1年2カ月ぶりの大きさ。

新型肺炎の死者がイタリアでも増えたため、24日は欧米で株価が軒並み急落。前日は休場だった東京市場は25日朝方から売り一色で、日経平均の下げ幅は一時1000円を超え、世界同時株安となった。

各国政府が国民に新型肺炎の感染者が多い国・地域への渡航を自粛するよう求めたり、企業が出張を取りやめたりする動きが広がっている。東京市場では「経済的な混乱が大きくなっている」(銀行系証券)と懸念する声が相次ぎ、保有株を売り急ぐ投資家が目立った。景気動向に業績が左右されやすい海運や鉄鋼株、訪日外国人向けビジネスに力を入れてきた企業の株は下げがきつかった。

【時事通信社】 〔写真説明〕前週末比781円33銭安の2万2605円41銭となった日経平均株価を示すボード=25日午後、東京都中央区

2020年02月25日 17時33分


関連記事

日産、5000億円超の融資打診=新型

11年ぶり、全地域の景気判断下げ=新

産油国、過去最大の減産=日量1000

セブンとローソン、21年2月期の業績

主要産油国、大幅減産で合意=日量20

「未曽有の危機」警告=世界恐慌以来の

ロシアとサウジ、原油減産で合意=ロイ

米失業保険申請660万件=新型コロナ

休業か否か、サービス業困惑=国と都の

今年の世界貿易、32%減=大恐慌時と

新型コロナ「深刻な影響」=経済先行き

ゼロ金利「強力な政策」=世界金融の混

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース