一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

ラグビー、バスケットなど延期=「苦渋の決断」、中止や無観客も―新型肺炎



政府が26日、スポーツイベントについて今後2週間の中止や延期、規模縮小を要請したことを受け、各競技団体が対応を決めた。

ラグビーのトップリーグは、29日から3月8日までに予定されていた計16試合を延期。3月21、22日と5月2、3日を代替日として調整する。太田治チェアマンは「苦渋の決断。お客さま、選手、スタッフを第一に考え、不安を取り除くためにも延期はやむなしと思う」と述べた。

バスケットボールは男子Bリーグが今月28日~3月11日に開催予定だった1、2部の計99試合を延期。大河正明チェアマンは日程調整の困難を理由に、年間王者を決めるチャンピオンシップを縮小する考えを示した。女子Wリーグは3月15日までのレギュラーシーズン残り全試合を中止する。

バレーボールのVリーグ1部男子は、29日のプレーオフ決勝(群馬・高崎アリーナ)を無観客で実施。卓球のTリーグは男女のレギュラーシーズン上位2チームで争うプレーオフファイナル(3月14日、東京・両国国技館)を延期した。

日本サッカー協会は全日本フットサル選手権(3月14~22日、東京・駒沢屋内競技場ほか)などの中止を決定。田嶋幸三会長は、3月27日のU23(23歳以下)日本代表と南アフリカの親善試合について、相手側から派遣辞退の文書が届いたことを明かした。同協会やJリーグ、日本オリンピック委員会(JOC)などは、職員の在宅勤務を決めた。

体操男子の内村航平(リンガーハット)が新設し、3月18日に高崎アリーナで行われる予定だった個人総合の大会も中止。内村は「何カ月も前から協力をいただきながら準備してきた。本当に残念」とコメントした。

プロボクシングは3月に国内で予定される日本タイトル戦などを原則として中止。日本高校野球連盟は3月19日に甲子園球場で開幕する選抜大会について、4日の大会運営委員会で対策を議論し、現時点では予定通り開催するとした。

【時事通信社】 〔写真説明〕ラグビー・トップリーグの延期について記者会見する太田治チェアマン=26日、東京都内

2020年02月26日 21時43分


関連記事

ソフトバンクは選手が要望、自主練習開

五輪再スタート厳しく=準備にマイナス

スポーツが消えた日常=新たな役割考え

東京五輪「来夏しかなかった」=渡辺守

消えた欧州の日常=公式戦再開めど立た

選手村マンション、補償焦点=入居遅れ

4月24日開幕断念、当面延期=レギュ

夏・名古屋場所を2週間延期=中止や変

プロ野球、開幕当面延期=Jリーグは再

再開日程を白紙=早くても5月下旬―J

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース