一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

東京株、下げ続く=新型肺炎拡大が嫌われる



26日の東京株式市場は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が嫌われ、幅広い業種で売りが優勢だった。日経平均株価の終値は前日比179円22銭安の2万2426円19銭と、3営業日続落。

世界的な新型肺炎患者の増加を背景に、今週は欧米市場で主要株価指数が下げ足を速めるなど、投資家が株式から資金を引き揚げる動きは継続。東京市場はこの日も朝から全面安状態となった。

日経平均は一時477円安となり、前週末からの3営業日の下げ幅が1300円を超えた。このため、最近下落率が大きかった銘柄には値頃感などから買いも入ったが、株価の戻りは鈍かった。

市場関係者は「新型肺炎が終息に向かっていることを示す明確なデータが見られるまで、株価急落への不安感は消えそうにない」(中堅証券)と話していた。

【時事通信社】

2020年02月26日 17時57分

economy


関連記事

日産、5000億円超の融資打診=新型

11年ぶり、全地域の景気判断下げ=新

産油国、過去最大の減産=日量1000

セブンとローソン、21年2月期の業績

主要産油国、大幅減産で合意=日量20

「未曽有の危機」警告=世界恐慌以来の

ロシアとサウジ、原油減産で合意=ロイ

米失業保険申請660万件=新型コロナ

休業か否か、サービス業困惑=国と都の

今年の世界貿易、32%減=大恐慌時と

新型コロナ「深刻な影響」=経済先行き

ゼロ金利「強力な政策」=世界金融の混

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース