一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

休業要請で隔たり=政府と都、遅れる対応―緊急事態宣言



新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の発令後の対応をめぐり、政府と東京都の隔たりが表面化している。特別措置法に基づく商業施設などへの休業要請を急ぐ都に対し、政府は住民の不安をあおり買い占めなどにつながりかねないと危惧、双方の調整がつかないためだ。感染爆発が懸念される首都での取り組みが、出だしでつまずいた格好となった。

「日常生活を維持する上で理美容、ホームセンターも必要だ。基本的対処方針に示されており、参考にしてもらいたい」。西村康稔経済再生担当相は8日、緊急事態宣言の対象となった7都府県知事とのテレビ会議で強調した。

念頭にあったのは都の動きだ。小池百合子知事は6日、都議会代表者に緊急事態が宣言された場合に休業を要請する施設案を説明。百貨店やホームセンター、理髪店、居酒屋など幅広い業種が対象に含まれ、関係者には驚きが広がった。

発令とともに公表する段取りだったが、政府が「待った」を掛け、ずれ込むことに。出はなをくじかれた都側にはいらだちも募り、小池氏はテレビ会議で硬い表情を崩さなかった。

政府には小池氏が3月下旬、たびたび「都市封鎖(ロックダウン)」に言及したことが一部店舗での買い占めにつながったとの不信感がある。加えて休業要請は「補償問題に発展しかねない」(官邸幹部)とも懸念する。

7日に改定した新型コロナへの基本的対処方針では、緊急事態時の対応について、都道府県はまず外出自粛を呼び掛け、その効果を見つつ「国と協議の上」、施設の使用制限・指示を行うとした。方針に沿う形で、東京都以外の6府県は当面、休業要請をしないこととしている。

東京都は政府との協議を急ぎ、11日から実施する意向。両者の足並みの乱れに対し、国民民主党の玉木雄一郎代表は8日の記者会見で、「国と都がそんなことも調整できていないのかとがくぜんとした。もう少し連携を取らないと、緊急事態宣言の実効性が上がらない」と批判した。

【時事通信社】

2020年04月08日 18時00分

politics


関連記事

内閣支持38%、不支持61%=新型コ

10兆円「白紙委任」変わらず=政府、

対立再燃、韓国の出方注視=資産現金化

政府「火消し」も募る疑念=コロナ予算

巨額予備費、国会軽視も=政府は「迅速

安倍首相、拉致進展なく「断腸の思い」

政府、観光喚起策の公募中止=「7月実

2次補正、11日にも成立=野党、審議

2次補正、10日衆院通過=予備費5兆

妨害目的停車も危険運転=改正法成立、

海賊版ダウンロードに罰則=来年1月、

2次補正、10日に衆院通過

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース