一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

今年の世界貿易、32%減=大恐慌時と比肩も―WTO



【ロンドン時事】世界貿易機関(WTO)は8日、2020年の世界の貿易量が前年比で32%減る可能性があると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大が世界の貿易体制を直撃する。

アゼベド事務局長は「08年の金融危機、さらには1930年代の大恐慌との比較も避けられない」と指摘。「このパンデミック(世界的流行)は何よりも人命の危機だが、社会的・経済的な重大危機でもある」と述べた。

WTOの予測では、楽観的なシナリオでも貿易量は13%減少する。ほぼ全ての地域で2桁のマイナスとなり、全ての産業が悪影響を受ける。特に電機や自動車などの複雑なサプライチェーン(部品供給網)を抱える産業の落ち込みが激しくなるという。

地域別に見ると、悲観シナリオでは輸出が北米で41%落ち込むほか、アジアで36%、欧州で33%それぞれ減少する見込み。一方、輸入も北米が34%減、アジアが32%減となる見通しだ。

【時事通信社】 〔写真説明〕世界貿易機関(WTO)本部=2019年12月、ジュネーブ(EPA時事)

2020年04月09日 07時59分


関連記事

米雇用、本格回復は道のり長く=失業率

トランプ米大統領、大型減税表明=再選

NY株、大幅続伸=雇用統計好感し一時

米破産法申請、急増=コロナ打撃、5月

「脱炭素宣言」に130社超=トヨタや

米失業13.3%に改善=経済対策で最

景気動向指数、過去最大の下げ幅=コロ

4月消費、11.1%減=落ち込み最大

人種問題に配慮、自衛策も=対応急ぐ日

中国旅客機の乗り入れ禁止=対抗措置、

夏用マスク、快適さ競う=コロナ対策、

上場企業、株主総会への来場ご遠慮を=

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース