一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

五輪対策に顔認証システム=PCR検査充実―感染防止へ新技術活用・政府検討



政府が新型コロナウイルス感染防止策として実用化を検討している新技術案の概要が25日、分かった。東京五輪・パラリンピックなど大規模イベント会場で顔認証システムを使った感染防止技術の実用化を目指す。また、唾液からのインフルエンザ・新型コロナウイルス同時検出用PCR検査の態勢充実も急ぐ。

近く公表し、関係省庁で実証実験などを行う。

顔認証システムを使った対策では、2021年に延期された東京五輪などの多人数が集まるイベント会場に設置された防犯カメラを使い、来場者の移動経路を記録。後日陽性が判明した人がいた際に、接触した人物を特定できるようにする仕組みを想定している。また、参加選手の検査結果などを集約し、顔認証を用いて競技施設への入退場を管理することも検討している。

PCR検査は、毎年インフルエンザが流行する冬場に備え、新型コロナとインフルエンザのウイルスを同時に検出できる簡易なシステムを構築する。個人がドラッグストアなどを通じて検体を送り、手軽にPCR検査を受けられる方式の実現も視野に入れている。

また、自動巡回するロボットによる施設の消毒や、災害時の避難所の混雑対策に人工知能(AI)を活用する案も挙げた。

【時事通信社】

2020年09月25日 11時59分

administration


関連記事

社会人学び直しを後押し=年度内に働き

入国制限、経済再開へ続々緩和=「滞在

温室ガス「ゼロ」前倒し=2050年達

温室ガス「50年実質ゼロ」=菅首相、

石破氏、派閥会長を辞任=自民総裁選惨

政府、3日以内の出張者受け入れへ=「

石破氏、派閥会長辞任を表明=「総裁選

「コロナ」「中国」にらみ布石=菅首相

納税も脱はんこ=年末調整や確定申告―

携帯乗り換え後もメール転送=競争促進

衆院選「菅内閣の将来占う」=自民・二

南シナ海で中国けん制=処理水「先送り

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース