一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

鹿児島国体、23年実施決まる=佐賀24年、滋賀は25年



新型コロナウイルスの影響で10月開催が見送られた鹿児島県での国民体育大会と全国障害者スポーツ大会が25日、2023年に実施されることが決まった。主催する日本スポーツ協会の伊藤雅俊会長、日本障がい者スポーツ協会の鳥原光憲会長、鹿児島県の塩田康一知事、スポーツ庁の鈴木大地長官が東京都内で会談し、合意に至った。

国体は21年に三重県、22年に栃木県、23年に佐賀県、24年に滋賀県での開催が決まっていた。今回の措置で佐賀と滋賀はそれぞれ1年延期。25年以降に実施予定だった青森県、宮崎県など後続の大会も玉突きで1年延期となる。

【時事通信社】 〔写真説明〕鹿児島国体と全国障害者スポーツ大会の延期について、鹿児島県の塩田康一知事(左端、画面)と話し合う(手前右から)日本障がい者スポーツ協会の鳥原光憲会長、スポーツ庁の鈴木大地長官、日本スポーツ協会の伊藤雅俊会長=25日午後、東京都新宿区(代表撮影)

2020年09月25日 19時03分


関連記事

岩隈が現役引退=日米170勝、今季限

首位川崎、新記録11連勝=F東京は3

デアリングタクトが牝馬3冠制覇=史上

稲森、2年ぶり2度目V=2位谷原、石

C大阪が暫定2位浮上=横浜Mに快勝―

東海大野球部で大麻使用の疑い=寮で数

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース