一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

キオクシア、10月上場は中止=ファーウェイ出荷できず―米中対立影響



東芝から分離した半導体大手キオクシアホールディングスが10月6日に東証で予定していた株式上場を中止する見通しとなった。複数の関係者が27日、明らかにした。米中対立の影響で、今月中旬以降、大口顧客である中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)向けの製品供給が停止。事業環境の先行きが不透明になったと判断した。28日にも発表する。

キオクシアはファーウェイ向けにスマートフォン用フラッシュメモリーを供給してきたが、米国によるファーウェイへの半導体輸出規制が発効された今月15日から出荷を停止した。再開には米商務省の許可が必要だが、半導体業界の多くで承認が得られる見通しは立っていない。

新規株式公開(IPO)としてキオクシア上場が実現すれば、当初、時価総額は今年最大の2兆円規模と見込まれた。上場する際の公募・売り出し価格の決定を28日に控えていた。

関係者によると、キオクシアは上場方針自体は維持し、時期については11月3日の米大統領選の結果やその後の対中政策、半導体市況を見極めながら慎重に探る。

【時事通信社】

2020年09月27日 18時04分

economy


関連記事

iPhone「12」発売=高速・大容

三菱重、国産ジェットの凍結検討=開発

全日空、ピーチと共同運航=構造改革案

銀行貸出に減少リスク=「停滞」経済に

東和銀とSBI、資本・業務提携=相互

脱炭素戦略、見直し急務=政府目標「5

戻らぬ客、コロナで打撃のNY=厳格規

米景気「控えめに拡大」=K字型回復が

関電原発、3年半ぶり停止へ=収支改善

不正な商標出願は排除=意匠権、25年

JR東、17路線終電繰り上げ=来春、

業界再編、主導狙う=島忠めぐり争奪戦

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース