一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

温室ガス「ゼロ」前倒し=2050年達成目指す―菅首相、所信演説で独自色



菅義偉首相は26日召集の臨時国会冒頭で行う初の所信表明演説に、温室効果ガスの排出量を2050年に実質ゼロにする新たな目標を盛り込む方針を固めた。政府はこれまでもガス排出を実質ゼロとする「脱炭素社会」実現を目指してきたが、目標時期は「今世紀後半の早期」と曖昧にしていた。年限を区切って前倒しし、地球温暖化対策に積極的な政権の姿勢を国内外にアピールする。

演説には「デジタル庁」創設、携帯電話料金の引き下げ、不妊治療への保険適用など、首相が就任以来訴えてきた肝煎りの政策を並べる。経済重視や外交で安倍政権の基本路線を継承しつつ、内政の個別テーマで独自色を打ち出す狙いだ。

首相は22日、小泉進次郎環境相と首相官邸で会い、演説内容の最終調整を進めた。政府の温室効果ガス削減目標をめぐっては、小泉氏が今年7月、安倍政権下の未来投資会議で「50年に脱炭素社会を目指すべきだ」と提案していた。河野太郎規制改革担当相も水力、風力、太陽光など再生可能エネルギー普及に向けた規制撤廃に取り組む。再生エネ活用に前向きな梶山弘志経済産業相も含め関係閣僚が連携し、実現に道筋を付ける。

【時事通信社】 〔写真説明〕首相官邸を出る菅義偉首相=22日、東京・永田町

2020年10月22日 17時21分


関連記事

「1月解散」見送りの公算=菅首相、コ

コロナ対策、年度末の期限延長へ=6カ

重点27品目で生産強化=輸出拡大へ和

雇用悪化回避へ予防措置=政府、コロナ

警鐘無視できず転換=「トラベル」めぐ

民間議員、研究開発の基金提言=コロナ

菅首相、札幌・大阪発の自粛呼び掛け=

札幌・大阪出発停止を容認=GoToト

19年の政党支出、154億円増=選挙

政府が新型コロナ対策本部=GoTo「

雇調金特例、2月末まで延長=新型コロ

改正郵便法が成立=土曜配達、来秋にも

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース