一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

木内幸男さん死去、89歳=高校野球の名将、甲子園40勝



高校野球の強豪、常総学院高(茨城県土浦市)の元監督で、取手二高(同県取手市)時代を含め春夏3回の甲子園優勝経験を持つ木内幸男(きうち・ゆきお)さんが24日、肺がんのため取手市内の病院で死去した。89歳だった。茨城県出身。

土浦一高を卒業後、同校コーチを経て取手二高監督に就任し、1977年夏に甲子園初出場。84年夏、石田文樹投手(故人)、吉田剛内野手らを擁し、茨城県勢初の全国制覇に導いた。決勝では桑田真澄投手、清原和博内野手らのいるPL学園(大阪)の連覇を阻んだ。

常総学院高に移り、87年夏に島田直也投手、仁志敏久内野手らを率いて準優勝。選抜大会でも94年準優勝、2001年優勝。03年夏は決勝でダルビッシュ有投手(現カブス)がいる東北(宮城)を下して優勝した。同年勇退。07年秋に復帰し08、09年夏の甲子園大会に出場した。

奇襲攻撃や多彩な選手起用は「木内マジック」と呼ばれた。監督で甲子園通算22回(春7、夏15)出場。歴代7位の通算40勝(19敗)を記録した。

【時事通信社】 〔写真説明〕木内幸男

元常総学院高野球部監督

2020年11月24日 20時44分


関連記事

東京五輪開催「無責任ではない」=ワク

オンライン交流で友好維持=ホストタウ

ハンク・アーロンさん死去=86歳、大

平幕の大栄翔が初優勝=埼玉県からは初

渡部暁が通算19勝目=荻原健に並び日

平幕大栄翔が初V=大相撲初場所千秋楽

大栄翔、初優勝に王手=正代は3敗に後

正代、大栄翔が2敗守る=大相撲初場所

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース