一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

21年世界成長、5.5%に上げ=ワクチン、経済対策が効果―IMF予測



【ワシントン時事】国際通貨基金(IMF)は26日、世界経済見通しを改定し、2021年の世界成長率を5.5%と予測した。新型コロナウイルスのワクチン普及、日本と米国の経済対策による景気浮揚効果を想定。20年10月時点の見通しから0.3ポイント上方修正し、07年(5.5%)以来、14年ぶりの高い伸びを予想した。

IMFは21年下期に回復が強まるとし、22年は4.2%を見込んだ。ただコロナを受け、世界全体の経済損失は25年までに累計22兆ドル(約2300兆円)に達するとみている。

日本は21年が3.1%と0.8ポイント上方修正。20年末に成立した73兆円強の追加コロナ対策を踏まえ、11年ぶりの高い伸びとなる。22年も2.4%に引き上げた。総額9000億ドル(約93兆円)規模の財政出動を決めた米国は、21年が5.1%と2.0ポイント上げた。

IMFは「日米の追加対策が世界景気を支える」と評価し、両国の国内総生産(GDP)はともに21年下期にコロナ前の水準を回復すると分析した。深刻な感染再拡大に見舞われたユーロ圏は4.2%と1.0ポイント下げた。

【時事通信社】

2021年01月26日 22時06分

economy


関連記事

飲食、小売り、営業時間延長へ=景気・

ANA労組、最低1カ月を要求=年間一

ワクチン公平配布で合意=低所得国に―

米小売り大手、明暗分かれる=コロナ下

東北新社、二宮社長が引責辞任=菅首相

多国間連携で中国に対抗=TPPは慎重

スシロー、京樽買収=吉野家から全株取

長期金利、一時0.175%に上昇=大

「最低賃金1600円」に暗雲=議会ル

中国の慣行是正へ新ルール=「関税は合

1月の鉱工業生産、4.2%上昇=3カ

東京株急落、1200円超安=日米金利

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース