一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

東京株、一時600円超安=米株急落で利益確定売り



28日午前の東京株式市場で、日経平均株価の下げ幅が一時前日比600円を超え、取引時間中としては12日以来約2週間ぶりに2万8000円を割り込んだ。新型コロナウイルスワクチン配布の遅れに対する懸念などを背景に、前日の米国株が急落したことを受け、当面の利益を確保する売りが広がった。午前の終値は312円15銭安の2万8323円06銭。

前日の米国市場では、ワクチン配布の遅れや企業業績悪化への警戒感からダウ工業株30種平均の下落率が2%を超えた。東京市場ではITや自動車など米国景気の動向が業績に大きく影響する輸出関連銘柄を中心に売りが優勢となった。

【時事通信社】

2021年01月28日 12時11分

economy


関連記事

飲食、小売り、営業時間延長へ=景気・

ANA労組、最低1カ月を要求=年間一

ワクチン公平配布で合意=低所得国に―

米小売り大手、明暗分かれる=コロナ下

東北新社、二宮社長が引責辞任=菅首相

多国間連携で中国に対抗=TPPは慎重

スシロー、京樽買収=吉野家から全株取

長期金利、一時0.175%に上昇=大

「最低賃金1600円」に暗雲=議会ル

中国の慣行是正へ新ルール=「関税は合

1月の鉱工業生産、4.2%上昇=3カ

東京株急落、1200円超安=日米金利

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース