一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

感染症法改正、刑事罰全削除=罰金は過料に―自民・立憲国対委員長が合意



自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国対委員長は28日午前、国会内で、新型コロナウイルス対策の実効性を高めるための特別措置法や感染症法の改正案の修正をめぐり協議した。感染症法改正案に盛り込まれた刑事罰について、安住氏は全て削除するよう要求し、森山氏は受け入れた。罰金については行政罰の過料とする。自民党は同日中の決着を目指す方針だ。

会談後、安住氏は記者団に「理解を得られたことは大変大きな前進だ」と強調。森山氏も「刑事罰ではなく、行政罰として過料を求めていくとの基本的な考えを伝えた」と語った。

感染症法改正案には、入院に応じなかった感染者などに「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」、感染経路を追跡する積極的疫学調査への協力を拒んだ場合には「50万円以下の罰金」の刑事罰を科すと規定。立憲などの野党は「前科がつく刑事罰は重過ぎる」として反対していた。

両氏は午後、特措法や感染症法の改正案に盛り込まれる過料の金額などをめぐって、再び会談した。

【時事通信社】 〔写真説明〕会談に臨む自民党の森山裕国対委員長(左)と立憲民主党の安住淳国対委員長=28日午前、国会内

2021年01月28日 13時10分


関連記事

宣言解除後の再拡大防止を=コロナ対策

低所得国ワクチン支援で結束=財政、金

防げるか感染再拡大=「時短」奏功、緩

会見先送り、透ける「山田隠し」=菅首

関西・中部・福岡で先行解除=緊急事態

小池都知事、コロナ「第4波」を警戒=

28都道府県「前年並み」=供給過剰の

6府県の緊急事態宣言、月末解除へ=イ

次官ら3人を減給=農水省、6人処分発

サンマ漁獲枠、4割削減=上限33万ト

農政、募る疑念=鶏卵大手との癒着露呈

山田広報官、続投を表明=「深く反省」

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース