一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

高齢者へのワクチン接種、遅れる方向=本格化は5月以降―政府



政府の新型コロナウイルスワクチン接種をめぐり、65歳以上の高齢者約3600万人への実施が遅れる方向となった。4月から試行的に始めるが、接種が本格化するのは増産したワクチンが届く5月以降になる見通しだ。政府は週内に自治体への新たな供給計画を示す方針。

菅義偉首相は22日の衆院予算委員会で高齢者への接種について「これまで説明している通り、4月から開始するべく準備を進めている」と強調した。ただ、加藤勝信官房長官は記者会見で「ワクチンの供給状況を踏まえていかなければいけない」と指摘した。

17日から始まった医療従事者への先行接種は米製薬大手ファイザー製のワクチンを使用している。河野太郎規制改革担当相は21日のNHK番組で、同社の生産力増強が5月以降になることや、医療従事者が予定より100万人近く増えたことを挙げ、「高齢者分が後ろへずれる。ゆっくり拡大をしていきたい」と明らかにした。

政府は4月から高齢者への接種を開始し、期間の目安を「2カ月3週間」としてきた。その後、基礎疾患のある人などに順次拡大する方針だ。ただ、本格接種が5月以降となれば、高齢者接種が終了するのは「当初より半月ぐらいずれ込む」(政府筋)との見方が出ている。

一方、田村憲久厚生労働相は22日の衆院予算委で、ワクチン接種で高齢者の次に接種対象となる基礎疾患のある人について、「予診票などで確認して自己申告で対応させていただく」と述べた。

【時事通信社】 〔写真説明〕衆院予算委員会で答弁する菅義偉首相=22日、国会内

2021年02月22日 19時23分


関連記事

菅首相、来月にも訪米=バイデン氏初の

NTT社長、15日に参院予算委招致=

谷脇総務審議官を更迭=NTTからも高

NTT社長招致で合意=自・立

菅首相、解除へ「何としても感染防止」

犯罪防止で国際連携「京都宣言」採択=

緊急事態宣言、再延長期間に=首都圏2

東北新社、放送法違反の疑い=外資規制

「菅流」の東北復興=グリーン成長重視

病床改善、変異ウイルスが焦点=感染減

総務省接待で論戦激化=参院予算委、8

復興道路、宮城県内が完成=三陸沿岸、

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース