一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

バイデン氏、議会対策に不安=閣僚級人事、見通し甘く撤回―米



【ワシントン時事】バイデン米大統領は2日、行政管理予算局(OMB)長官にニーラ・タンデン氏を充てる人事案を撤回した。指名人事の承認に必要な上院の過半数の賛成を得られないことが確実になったためで、見通しの甘さを露呈した。バイデン政権が目指す「超党派の政治」は早くも壁にぶつかり、議会で与野党の勢力が拮抗(きっこう)する中、今後の政権運営に不安を残した。

OMB長官は政権の予算教書作成と予算の執行を担う閣僚級ポスト。与野党50対50の上院で、仮に野党共和党が誰も賛成しない場合は、与党全員に加え、可否同数の際に1票を投じるハリス副大統領の賛成が必須になる。

人事は2月中旬、民主党穏健派のマンチン議員が反対を表明したことで状況が一変。政権は共和党の穏健派議員の切り崩しを図ったが、誰一人態度は変わらなかった。

タンデン氏の失敗の大きな原因は度重なる舌禍だ。ヒラリー・クリントン元国務長官に近く、シンクタンク所長も務めたタンデン氏は、ツイッターで共和党議員らを批判する際、「最悪の人間」「吸血鬼の方が温かい心がある」などと強い言葉で攻撃してきた。指名と前後して1000以上のツイートを削除したことも不評を買い、バイデン政権は反発の大きさを見誤った節がある。

タンデン氏の承認がメディアで絶望視されて2週間近く、政権は共和党議員に説得の余地があるとみて撤回の決定を先延ばしにしてきた。トランプ前大統領の弾劾裁判で7人が有罪票を投じるなど、共和党の団結にほころびが見られたためだが、事態は好転しなかった。

【時事通信社】 〔写真説明〕行政管理予算局(OMB)長官に指名されていたニーラ・タンデン氏=2月10日、ワシントン(AFP時事)

2021年03月03日 16時32分


関連記事

中韓「一方的だ」と反対表明=台湾も今

ミャンマーの親族、安否不明=不安募ら

米、アフガンから全面撤収=9月の同時

ロ大統領に会談提案=ウクライナめぐり

ラマダン開始、コロナ苦慮=中東などイ

黒人射殺は警官の「誤射」=2日連続抗

G7、ロシア軍増強を批判=ウクライナ

「容認できず」「深刻な懸念」=韓国と

仏議会、積極的安楽死通らず=死ぬ権利

ミャンマー避難民に物資届かず=食料不

米軍艦、中国空母に接近=「対抗の決意

バイデン米大統領、最高裁改革で委員会

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース