一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

緊急事態宣言、再延長期間に=首都圏21日まで、検査強化



新型コロナウイルス対策として政府が首都圏4都県に発令した緊急事態宣言は8日から再延長期間に入った。新たな期限は21日。残り2週間で徹底した感染対策を継続して、逼迫(ひっぱく)する病床の確保など、解除できる環境に持ち込めるかが焦点。政府や4都県は検査を強化し、医療提供体制の改善に全力を挙げる。

東京、埼玉、千葉、神奈川の4都県への宣言は1月8日に発効した。政府は今月5日、宣言の7日までの期限を2週間延長すると決定した。首都圏の新規感染者数は下げ止まり、病床使用率は厳しい水準が続く。リバウンド(感染再拡大)の懸念もあり、解除を達成できるかは見通せない。

政府は自治体と協力し、首都圏で感染再拡大の兆しを早期に把握するため、無症状者を対象にしたPCR検査(モニタリング検査)を実施。クラスター(感染者集団)の発生防止に向け、3月末までに約3万の高齢者施設で検査も行う。飲食店には午後8時までの営業時間短縮の要請を続ける。

【時事通信社】 〔写真説明〕桜の開花に先立ち、上野公園で新型コロナウイルス感染防止のため、桜周辺の立ち入りを制限するネットを設置する作業員ら=6日午後、東京都台東区

2021年03月08日 00時05分


関連記事

原発処理水の海洋放出、衆院選争点化へ

困窮者支援で「共助」促進=官・民・N

自民、こども庁創設へ本部=立憲もチー

北海道2区補選、6人が立候補=自民見

原発処理水、海洋に放出へ=政府決定、

菅首相、15~18日訪米=「信頼深め

衆院北海道2区補選が告示=6人届け出

接種成否、政権浮沈のカギ=一般向けは

大阪府、緊急事態宣言の要請検討=飲食

政府、「大阪」再宣言に慎重=重点措置

健康保険証の交付廃止を=マイナンバー

普天間返還、見通せず=「辺野古」国・

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース