一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

アリババに罰金3050億円=独禁法違反で過去最高額―中国



【北京時事】中国国家市場監督管理総局は10日、同国電子商取引最大手・阿里巴巴(アリババ)集団に対し、独占禁止法違反で182億2800万元(約3050億円)の罰金を科したと発表した。取引先にオンラインの出店先を同社の通販サイトに絞るよう圧力をかける「二者択一」の独占的行為を行っていたと認定した。

米紙によると、中国では過去最高の罰金額。アリババに対しては当局が圧力を強めていたが、巨額の罰金で経営に大きな影響が出そうだ。

同総局は昨年末にアリババの調査に着手。同社が2015年以降、市場の支配的地位を乱用して取引業者に二者択一を要求し、「不正に競争上の優位を得ていた」と認め、19年の国内売上高(4557億元)の4%相当を罰金として科すことを決めた。

同総局は今年2月、アリババや騰訊(テンセント)などのIT大手を視野に入れた取り締まり指針を公表。二者択一のほか、ビッグデータやアルゴリズム(計算手法)を使って顧客ごとに価格を変更する行為などを摘発する方針を示している。

【時事通信社】 〔写真説明〕中国の電子商取引最大手・阿里巴巴(アリババ)集団の看板前を歩く人々=2014年3月、中国浙江省杭州市(EPA時事)

2021年04月10日 11時54分


関連記事

セブンの米コンビニ買収「違法」=当局

外食大手、3社が業績「未定」=コロナ

かんぽ、郵政出資50%未満に=最大4

きらやか銀、粟野頭取が引責辞任=過去

青森・みちのく、24年合併=福井は福

再編へ共同持ち株会社=エア・ドゥとソ

「脱炭素」電源、6割に引き上げ=30

日本郵政、純利益13%減=郵便物減少

米セールスフォースで障害=日本もワク

4月街角景気、3カ月ぶり悪化=3度目

物価上昇、成長戦略に逆風=野党との協

東京株、3日で2000円超下落=米物

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース