一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

北海道2区補選、6人が立候補=自民見送り、立・維の争い



衆院北海道2区補欠選挙が13日告示され、6人が立候補した。自民党は擁立を見送り、立憲民主党と日本維新の会が野党同士で議席を争う構図。8日告示の参院長野選挙区補選、同広島選挙区再選挙とともに菅政権発足後初の国政選挙となる。投開票はいずれも25日。

北海道2区補選に立候補したのは、無所属新人で医師の小林悟(56)、立憲元職の元農林水産政務官松木謙公(62)=共産党道委員会、国民民主、社民両党推薦=、無所属新人で元民放アナウンサーの鶴羽佳子(53)、無所属新人で弁護士の長友隆典(52)、維新新人で元道議の山崎泉(48)、NHK受信料を支払わない方法を教える党新人で元会社員の斉藤忠行(29)の各氏。

同補選は、鶏卵生産会社から賄賂を受け取ったとして収賄罪で在宅起訴された吉川貴盛元農水相が議員辞職したことに伴う。吉川元農水相は自民党を離党。同党は苦戦必至と判断し、候補者を立てなかった。

共産は候補者を取り下げ、松木氏の支援に回った。立憲の福山哲郎幹事長は13日、国会内で記者団に、吉川元農水相の事件を批判した上で「自民党の不祥事に基づいた補選で、何とか勝ちたい」と強調した。

維新は保守層の取り込みを図る戦略。維新所属で地域政党「新党大地」の代表も務める鈴木宗男参院議員は札幌市での街頭演説で、「政策の一致も見ず、野合と言うべき候補者の一本化だ」と野党共闘を批判した。

【時事通信社】 〔写真説明〕衆院北海道2区補欠選挙が告示され、候補者の街頭演説に駆け付けた支持者ら=13日、札幌市北区

2021年04月13日 17時24分


関連記事

北海道、岡山、広島も緊急事態宣言=石

酒提供飲食店に休業要請=北海道10市

国が最大1300万円支給=建設石綿訴

感染対策、従来を踏襲=北海道、措置対

観光・ICTで産業高度化へ=復帰49

時短要請を拡大方針=緊急事態宣言の追

内閣支持32.2%、発足後最低=コロ

北海道・岡山・広島に緊急事態=9都道

入管法改正案、採決ずれ込み=映像開示

最低賃金3%引き上げを=菅首相「早期

飲食店11店に過料手続き=時短命令従

北海道・岡山・広島に緊急事態=専門家

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース