一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

「脱炭素」電源、6割に引き上げ=30年度、再エネ注力―次期基本計画



次期エネルギー基本計画の根幹となる2030年度の電源構成をめぐり、太陽光などの再生可能エネルギーと原発を合わせた「脱炭素電源」の比率を6割程度に上積みする方向で経済産業省が検討に入ったことが14日、分かった。菅義偉首相が30年度の温室効果ガス排出量を13年度比で46%削減する新たな目標を打ち出したことを踏まえ、再エネに力を入れて電源の脱炭素化を加速させる。

18年に策定した現行計画では、30年度の電源構成目標を火力56%、再エネ22~24%、原発20~22%としていた。新たな計画では再エネを3割台後半に引き上げる一方、原発は引き続き2割程度とし、運転時に二酸化炭素(CO2)を排出する火力は4割程度に縮小する方向だ。これに対し、19年度実績は再エネ約18%、原発は約6%にとどまり、7割超を火力で賄っている。

政府は基本計画の今夏改定を目指しており、再エネ拡大を目指す自民党の議員連盟(会長・柴山昌彦前文部科学相)は14日、再エネ比率を45%以上に高めるよう求める提言をまとめた。梶山弘志経産相も同日の記者会見で「いいものはしっかり取り入れていく」と話し、意思決定に当たっては与党の意見も参考にする意向を示す。

【時事通信社】 〔写真説明〕再生可能エネルギーの普及拡大を目指す自民党議員連盟の会合で発言する会長の柴山昌彦前文部科学相(左)=14日午後、東京都千代田区

2021年05月14日 16時45分


関連記事

インフラ投資、8年で134兆円=バイ

永山議長の再任否決=東芝、経営混乱に

ウィンドウズ11を発表=6年ぶり新O

景気判断、据え置き=「弱さ増している

「物言う株主」脱ハゲタカ=天下り禁止

永山議長の再任焦点=東芝、25日に株

みずほ総会、坂井社長に1割反対=シス

みずほFG、坂井社長が陳謝=システム

スポンサー企業、見えぬ宣伝効果=開催

「過労死ライン」柔軟運用を=残業80

英、TPP参加交渉開始=初の拡大、輸

東芝、2月の監査委報告公表=「不当な

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース