一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

「対応遅い」「情報ない」=唐突発令に不満と困惑―緊急事態追加の3道県



北海道、岡山県、広島県への拡大が決まった緊急事態宣言。感染者増に歯止めがかからない中、住民らは14日、「対応が遅い」と政府への不満を募らせた。突然の方針転換に、飲食店では「もっと情報が欲しい」と困惑も広がった。

道内の感染者の約7割が集中する札幌市。清掃業の女性(66)は「もっと早く宣言を出せば感染が広がらなかった」と話す。同市には9日にまん延防止等重点措置が適用されたばかりだが、市内の主婦(80)も「今の対応で収まらないのは明らか。対応が遅かった」と不満を口にした。

困惑は重点措置の対象外だった函館市でも。函館朝市協同組合連合会の松田悌一事務局長(47)は「感染者が少ない地域も休業要請なのか。早く情報が欲しい」と声を上げた。大型連休中に比べ観光客の姿はまばらで、「人の少ない時期に行動を抑えても」と政府対応を疑問視した。

感染が急拡大する広島県では、17、18両日に予定されていた公道での聖火リレーが中止となった。広島市の飲食店経営佐藤寛之さん(49)は「今は平常時ではないから」と理解を示す一方、「早く(宣言内容を)明確にしてもらわなければ、対応が難しい」と訴えた。

大型連休明けに周囲で感染者が出るなどし、「コロナをより身近に感じるようになった」と話すのは同市の主婦(40)。先に宣言が出た東京都や大阪府の感染者はあまり減っていないとして、「効果は期待していない」とあきらめ顔だ。

岡山県では宣言に先立ち、県独自の要請で、14日から岡山・倉敷両市の飲食店で酒類提供が見送られている。岡山市の居酒屋の40代店主は「発令後も酒を出せないことに変わりはないので、宣言による強力な措置の方がいい」と感染抑制に期待を寄せた。

【時事通信社】 〔写真説明〕16日から緊急事態宣言の対象となる北海道で、札幌市の大通公園を歩く人たち。公園は東京五輪マラソン開催に向け整備が進められている=14日午後、札幌市中央区 〔写真説明〕広島県への緊急事態宣言の発令が決まる中、多くの人が行き交う広島市中心部の商店街=14日午後、同市中区

2021年05月14日 18時35分


関連記事

経産省キャリア2人逮捕=コロナ家賃支

中学生にワクチン集団接種=7月27日

「観光苦しい」「通常営業を」=コロナ

都内「感染再拡大の予兆」=専門家、人

天皇陛下、コロナ感染拡大を懸念=五輪

平和への思い、伝え走る=第五福竜丸展

トラック運転の男に死刑=2人殺害ひき

執刀医らの賠償義務認定=東京女子医大

「サイバー直轄隊」創設へ=警察庁初の

美浜原発3号機、再稼働も見えぬ将来=

ジャーナリスト立花隆さん死去=「知の

島根2号機「新基準に適合」=審査書案

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース