一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

衆院小選挙区「10増10減」=アダムズ方式で格差是正―政府、来年にも法案提出



2020年国勢調査の速報値を基に、衆院小選挙区の「1票の格差」を計算すると、最大2.094倍となった。是正に向け、16年成立の衆院選挙制度改革関連法で導入が決まった「アダムズ方式」が初適用され、15都県に10増10減の新たな定数が配分される。今秋の衆院選には間に合わないため、次々回から反映される想定だ。政府は早ければ来年の通常国会に選挙区割りを変更する公職選挙法改正案を提出する。

衆院議員選挙区画定審議会は新たな定数配分に基づく区割り案の検討を近く開始し、1年以内に政府に勧告する。これを踏まえた改正案が成立すれば新たな定数と区割りが施行されるが、影響を受ける現職を多く抱える自民党を中心に反発が出る可能性があり、曲折も予想される。

議員1人当たりの人口が最も多いのは東京22区(57万3969人)で、最少は鳥取2区(27万4160人)。15年国勢調査(速報値)に基づく格差の2.334倍よりは縮小したが、最高裁の違憲判断の目安とされる2倍は依然超えている。

10増10減で定数が増えるのは、5増=東京(25→30)▽2増=神奈川(18→20)▽1増=埼玉(15→16)、千葉(13→14)、愛知(15→16)の5都県。首都圏などの定数が大幅に増える。

一方、減少するのは、宮城(6→5)、福島(5→4)、新潟(6→5)、滋賀(4→3)、和歌山(3→2)、岡山(5→4)、広島(7→6)、山口(4→3)、愛媛(4→3)、長崎(4→3)の10県。アダムズ方式適用後の格差は最大1.695倍まで縮小する。

比例代表のブロックごとの定数は3増3減となる。内訳は、2増=東京(17→19)▽1増=南関東(22→23)▽1減=東北(13→12)、北陸信越(11→10)、中国(11→10)。

速報値に基づく参院選挙区の「1票の格差」は最大3.026倍に拡大する。

【時事通信社】 〔写真説明〕前回衆院選での開票作業=2017年10月22日、東京都内(AFP時事)

2021年06月25日 12時10分


関連記事

東京五輪「世界団結の象徴」=日仏首脳

反ユダヤ的発言「言語道断」=開会式予

ワクチン前倒し供給要請へ=菅首相、フ

逆風五輪、菅政権を左右=開幕迎え、漂

地域主体の部活で検討会議=教員負担減

ワクチン証明、7カ国で利用可=申請2

財政黒字化、2年前倒し=27年度、目

中小の負担軽減策を拡充=最低賃金引き

コロナが五輪外交直撃=来日首脳、15

北朝鮮非核化へ連携確認=日米韓次官、

GoToトラベル、見えぬ再開=開始か

インド太平洋に哨戒艦常駐へ=空母、9

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース