一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

ベゾス氏「宇宙へ道開く」=地球課題解決の一歩に



【シリコンバレー時事】米アマゾン・ドット・コム創業者のジェフ・ベゾス氏らは20日、宇宙からの帰還後、打ち上げ拠点を置いた南部テキサス州で記者会見を開いた。ベゾス氏は宇宙進出について「地球上の課題解決に必要だ。子どもたちの未来のために道を切り開く」と語り、事業加速を表明した。今回の旅を「大きなことのための小さな第一歩」と位置付けた。

ベゾス氏は「巨大な大気が、上空から見ると信じられないほど薄かった」と地球の繊細さを表現。宇宙事業の目的は「太陽系の最も良い惑星(地球)を大切にするためだ」と環境保護の必要性を説いた。

最高齢で宇宙空間に到達したウォリー・ファンクさん(82)は「長い間待っていた。またすぐにでも行きたいわ」と興奮冷めやらぬ様子。最年少のオリバー・デーメンさん(18)は「もっと多くの人が行けるようになることを願う。素晴らしい経験だった」と話した。

ベゾス氏が設立し宇宙船の打ち上げを担ったブルーオリジン社は、年内にあと2回の有人飛行を計画中。宇宙旅行の1席当たりの料金は非公表だが、累計ですでに1億ドル(約110億円)を販売したという。高額な搭乗料金は今後、船体の再利用回数を増やすなどし、引き下げる考えだ。

【時事通信社】 〔写真説明〕米宇宙企業ブルー・オリジンが打ち上げた宇宙船で宇宙飛行したアマゾン・ドット・コムの創業者、ジェフ・ベゾス氏(左から2番目)ら=20日、テキサス州(AFP時事) 〔写真説明〕宇宙飛行後に記者会見する米アマゾン・ドット・コムの創業者、ジェフ・ベゾス氏=20日、テキサス州(AFP時事)

2021年07月21日 05時54分


関連記事

米政府、来月資金枯渇も=「債務上限」

中国、デジタル元導入に万全=暗号資産

恒大危機、中国政府の動向に注目=「第

暗号資産を全面禁止=刑事責任も追及―

改革実行も信頼回復遠く=金品受領、発

軽乗用車、安全装備拡充=低価格との両

原発めぐり論戦過熱=電力業界は河野氏

企業のデジタル化課題=「6重苦」半分

条件順守ならTOB延長=SBI、新生

企業債務の増大懸念=デジタル、温暖化

東京株、一時600円超高=恒大不安後

食料システムサミットを初開催=持続可

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース