一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

再エネ、30年度に36~38%=原発、新増設明記見送り―経産省・基本計画改定案



経済産業省は21日、国のエネルギー政策の方向性を定める「エネルギー基本計画」の改定案を公表した。温室効果ガス排出削減に向け2030年度の電源構成を見直し、太陽光など再生可能エネルギーの比率を36~38%(現行計画は22~24%)に引き上げる。一方、原発については、安全性への不信が根強いことから、新増設や建て替え方針の明記を見送った。

経産省は昨年10月に改定に向けた検討を開始。菅義偉首相が今年4月、30年度の温室効果ガス排出量を13年度比46%削減する新たな目標を発表したため、再エネの普及策などをめぐり調整が難航していた。新計画は有識者や国民からの意見を踏まえ、9月にも閣議決定する。

【時事通信社】 〔写真説明〕エネルギー基本計画の改定について議論する「総合資源エネルギー調査会基本政策分科会」=21日午後、経済産業省

2021年07月21日 15時56分


関連記事

米政府、来月資金枯渇も=「債務上限」

中国、デジタル元導入に万全=暗号資産

恒大危機、中国政府の動向に注目=「第

暗号資産を全面禁止=刑事責任も追及―

改革実行も信頼回復遠く=金品受領、発

軽乗用車、安全装備拡充=低価格との両

原発めぐり論戦過熱=電力業界は河野氏

企業のデジタル化課題=「6重苦」半分

条件順守ならTOB延長=SBI、新生

企業債務の増大懸念=デジタル、温暖化

東京株、一時600円超高=恒大不安後

食料システムサミットを初開催=持続可

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース