一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

中国恒大、利払い綱渡り=デフォルト回避は一時的か



【北京時事】経営危機に陥っている中国不動産開発大手の中国恒大集団が、未払いだったドル建て社債の利息の一部について、期限前の土壇場で支払う見通しになった。デフォルト(債務不履行)はひとまず回避されそうだが、綱渡りの資金繰りが続く状況に変わりはなく、一時しのぎとの見方がくすぶっている。

ロイター通信などによると、恒大は23日に未払い猶予期限が切れる社債の利息8350万ドル(約95億円)を、21日に投資家の口座がある米シティバンクに送金した。香港証券取引所に上場する恒大株は報道を受けて、前日終値比4.3%高で取引を終了した。

恒大は9月23日と29日、今月11日にそれぞれ期日を迎えた社債の利払いを見送った。今回払ったとされるのは9月23日分。30日間の猶予期限内に支払いができなければデフォルトとなるため、次の未払い猶予が終わる29日を控え、厳しい資金繰りが続きそうだ。

さらに年内は別の社債の利払いが相次ぐ。来年には社債の償還期限も迎える予定で、資産売却によるまとまった資金の手当てが急務となっている。

恒大は不動産管理と電気自動車(EV)の各子会社、香港のオフィスビルの売却による資金捻出を見込んでいた。だが、不動産管理子会社とオフィスビルの売却は不調に終わり、EV子会社の売却交渉も難航しているもようだ。

恒大は22日、利払い期限の延長などで債権者と合意できなければ、事業に「重大な悪影響」があると警告。デフォルト回避には不透明感が強く、波乱含みだ。

【時事通信社】 〔写真説明〕上海にある中国不動産開発大手の中国恒大集団のビル=22日(EPA時事)

2021年10月22日 20時57分


関連記事

米雇用回復、足かせ重く=新変異株で金

米財務省、日中の監視継続=操作国の認

中国恒大、債務再編協議へ=広東省政府

産油国と消費国が神経戦=オミクロン株

11月の米就業者数、21万人増=失業

G7、途上国との協力強化=インフラ投

つなぎ予算可決、政府閉鎖回避=債務上

英アーム買収阻止へ提訴=エヌビディア

OPECプラス、小幅増産維持=オミク

産油国、小幅増産を維持=OPECプラ

金属労協、ベア3000円以上要求=賃

愛知銀と中京銀が経営統合へ=22年に

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース