一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

金属労協、ベア3000円以上要求=賃金底上げ目指す―22年春闘



自動車や電機メーカーなどの産業別労働組合で構成する金属労協が2022年春闘で基本給を底上げするベースアップ(ベア)要求基準を「月3000円以上」とする方針を固めたことが2日、分かった。定期昇給相当分を含めた総額で、4%程度の賃上げ要求を決めた連合と歩調を合わせ、賃金の底上げを目指す。

金属労協のベア要求は9年連続で、要求基準は21年と同じとなる。3日の協議委員会で正式に決める。金属労協の方針決定を受け、傘下の産別各労組はそれぞれの要求水準を固め、来年2月以降、労使交渉が本格化する。

【時事通信社】 〔写真説明〕21年春闘で労使交渉の回答状況をボードに書き込む金属労協の職員=3月17日、東京都中央区

2021年12月02日 22時20分


関連記事

自動車国内生産、3年連続減=21年、

家庭用電気料金、9社値上げ=上限到達

一方的「値付け」、独禁法違反も=新規

中国、「ゼロコロナ」緩和必要=有効な

トヨタ、2年連続首位=1000万台超

日本のリスク「コロナ、物価」=今年は

EU、中国をWTO提訴=リトアニア産

新EV、30年までに35車種=5年間

米GDP、6.9%増=消費追い風、昨

米、3月にゼロ金利解除へ=利上げ「間

産業界、事業継続へ対策=交代要員確保

東京株終値、841円安=米引き締め警

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース