一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

大関御嶽海、誕生=「感謝の気持ち大切に」―大相撲



日本相撲協会は26日午前、東京・両国国技館で大相撲春場所(3月13日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議と臨時理事会を開き、関脇御嶽海(29)=本名大道久司、長野県出身、出羽海部屋=の大関昇進を満場一致で決めた。

相撲協会の使者として、春日野理事(元関脇栃乃和歌)と大鳴戸親方(元大関出島)が東京都墨田区の出羽海部屋で昇進を伝えた。師匠の出羽海親方(元幕内小城乃花)らとともに出迎えた御嶽海は、「大関の地位を汚さぬよう、感謝の気持ちを大切にし、自分の持ち味を生かし、相撲道にまい進してまいります」と口上を述べた。

新大関の誕生は2020年秋場所後の正代以来。長野県からは江戸時代の雷電以来で2人目。

御嶽海は先の初場所で3度目の優勝を遂げ、直近3場所でも計33勝と安定した成績を評価された。春場所は、ともにかど番の貴景勝と正代を含め3大関となる。

【時事通信社】 〔写真説明〕大関昇進の伝達式で口上を述べる御嶽海(中央)=26日午前、東京都墨田区の出羽海部屋(代表撮影)

2022年01月26日 10時04分


関連記事

レアル、4季ぶり最多14度目V=南野

広島、暫定4位浮上=浦和は9戦未勝利

鹿島、首位浮上=川崎は完敗―J1

セ・パ交流戦が開幕=セ本拠地で6試合

照ノ富士、3場所ぶりV=休場明けで復

照ノ富士、7度目V=7連勝で締める―

札幌、8位浮上=J1

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース