一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

ガソリン高抑制策が始動=冷めた反応、混乱懸念も



政府が導入したガソリンなど燃料の高騰緩和策が27日から始まった。ガソリン、軽油、灯油、重油について補助金を石油元売り会社などに支給することで、給油所への卸価格上昇を抑制する。ただ、店頭価格は在庫状況などから給油所ごとに異なり、値下がりにつながると誤解した消費者との間での混乱を懸念する声が多い。制度の効果についても冷めた見方が広がっている。

この制度は、レギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均価格が170円以上で発動。最初の1週間分は、直近の全国平均価格170円20銭と基準額170円の差額20銭に、原油調達コストの上昇分3円20銭を合計した3円40銭を補助する。元売り各社は、27日から卸価格を前週比2円50銭引き上げるところ、補助金分を差し引き90銭引き下げて供給する。

制度が始まった27日朝、東京都内の給油所の50代の男性店長は「原油や仕入れの説明は難しい。今週は店頭価格が5円、または3円40銭安くなると勘違いする人が多いのでは」と冷めた様子で話した。

大分県の給油所経営者の男性も「報道などで店頭価格が下がるイメージが広がっている」と、理解が進んでいない状況を指摘。その上で「現場が混乱するだけで給油所にとっては愚策だ」と切り捨てた。

【時事通信社】 〔写真説明〕レギュラーガソリン1リットル当たり177円を示す看板=27日午前、東京都内

2022年01月27日 11時08分


関連記事

防衛費増、与野党に広がり=世論の高ま

広島サミット、4月に決断=ウクライナ

岸田首相、NATO首脳会議出席検討=

在日米軍機が爆撃訓練=中ロ朝への対処

防衛費増「つなぎ国債」=政府検討、償

補正予算案が衆院通過=物価高対策2.

抗原検査キット、処方箋不要に=社会活

海外観光客、6月10日から解禁=2年

円安の弊害、補正で対処=岸田首相―2

子育て支援予算を倍増=こども家庭庁創

各種ローカルルール統一を=抗原検査キ

防衛力を抜本強化=衆院予算委で岸田首

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース