一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

照ノ富士、3場所ぶりV=休場明けで復活―大相撲夏場所



大相撲夏場所は22日、東京・両国国技館で千秋楽が行われ、一人横綱の照ノ富士(30)=本名杉野森正山、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が3場所ぶり7度目の優勝を果たした。トップの3敗で並んでいた隆の勝が佐田の海に敗れ、結びで大関御嶽海を下した。左膝などの負傷による休場明けで、8日目までに3敗を喫するなど、混戦を招く要因をつくったが、賜杯奪還で締めた。

【時事通信社】 〔写真説明〕日本相撲協会の八角理事長(手前)から優勝賜杯を受け取る照ノ富士=22日、東京・両国国技館

2022年05月22日 18時24分


関連記事

首位横浜M、4連勝=川崎は分ける―J

水沼が銀メダル=男子100バタ、日本

乾がASソロ2冠=瀬戸は200個メで

AS乾、ソロ2冠=花車、武良200平

大会経費は1兆4238億円=292億

松山、追い上げて4位=フィッツパトリ

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース