一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

パーティー問題「怒り」爆発=与党補選惨敗、首相の責任追及―英



【ロンドン時事】英国で23日に行われた2選挙区の下院補選で、ジョンソン首相率いる与党保守党が全敗した。新型コロナウイルス規制違反の官邸パーティー問題や物価高の対応をめぐり、有権者の政権への怒りと不満が爆発。保守党内では動揺が広がっており、首相の責任を追及する声が一層強まりそうだ。

補選は中部ウェイクフィールド選挙区で最大野党・労働党が、南部ティバートン・アンド・ホニトン選挙区では野党・自由民主党が、それぞれ次点の保守党に約5000~6000票差をつけて勝利した。改選前はいずれも保守党が議席を保持していた。政権党が2補選で同時に負けるのは「過去30年間で初」とされる。

ティバートンで当選した議員は「有権者は大きな声で明確に、首相は去れというメッセージを送った」と勝利を喜んだ。与党の敗因は「首相」と糾弾(きゅうだん)している。

パーティー問題で批判を浴びるジョンソン氏をめぐっては、6日に保守党で党首としての信任投票が行われたばかり。首相は辛うじて辞任を免れたものの、4割を超える党所属下院議員団から不信任を突き付けられた。

今回の補選結果は、党所属議員に続き「有権者からの首相に対する評決」(英メディア)だ。首相への反発が強まっている現実をジョンソン氏は1カ月で2度も突き付けられた。

結果判明後、保守党のダウデン幹事長は「誰かが(敗北の)責任を取らなくてはならない」と述べ、辞意を表明した。対照的に、ジョンソン氏は24日、自らの責任について「国民のために職務をやり遂げる」と語って否定してみせた。

しかし、ハワード元保守党党首は「新しい指導者を迎えた方が国にとって良い」と断言。「ジョンソン離れ」が党内で公然化している。

【時事通信社】 〔写真説明〕ジョンソン英首相=23日、キガリ(AFP時事)

2022年06月25日 14時18分


関連記事

台湾統一へ「武力放棄せず」=白書発表

独首相に疑惑浮上=税の不正還付、当局

熱波で水不足=利用制限、熱中症警報―

中国軍船に異例の寄港延期要請=「スパ

大統領選の投票実施=暴力回避へ厳戒態

占領地の博物館「再建」目指す=2度の

原発攻撃に懸念広がる=チェルノブイリ

台湾軍が重砲射撃訓練を実施=中国も演

米、台湾周辺の演習非難=バイデン氏、

ウクライナ、国際調査団を要請=ザポロ

台湾海峡の現状変更に「口実」=米議長

ロシア軍、死傷者8万人か=米、ウクラ

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース