一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

「核被害の惨状知って」=保有国指導者は広島に―原爆資料館・畑口元館長



「核保有国の指導者は被爆地・広島に来て、核による被害の惨状を知るべきだ」―。広島市の平和記念資料館(原爆資料館)の館長として世界各国の要人を案内してきた畑口實さん(76)。ウクライナに侵攻したロシアのプーチン大統領が核兵器使用を示唆するなど、核廃絶に向けた動きが後退する現状を憂い、訴えた。

畑口さんは母親の胎内で被爆した「胎内被爆者」だ。父二郎さん=当時(31)=は1945年8月6日朝、広島駅近くの広島鉄道局に出勤。畑口さんを身ごもっていた母チエノさんは、帰って来ない二郎さんを捜して広島市に入り被爆した。チエノさんは焼け跡で二郎さんが身に着けていた懐中時計とベルトのバックルを見つけ、近くにあった骨を「遺骨」として持ち帰った。

97年、51歳の畑口さんは同資料館の館長に抜てきされた。二郎さんの遺品を手に、それまで公にしていなかった被爆者である自分自身について語り始め、定年退職までの9年間、各国要人を数多く案内してきた。2005年7月、資料館を訪れた当時のウクライナ大統領、ビクトル・ユーシェンコ氏(68)もその一人だ。

同氏は「チェルノブイリ原発事故で大きな被害が出た。原爆の被害がどうであったか知りたいと思い、何としても広島に来たかった」と話していた。原爆の放射線による被害を伝える資料に関心を寄せ、放射線が人体に与える影響をしきりに気にしていた。

ユーシェンコ氏の強い希望で、急きょ原爆ドームも案内した。「ドームの前を行ったり来たりしながら、何枚も何枚も写真を撮影していたのが印象的だった」と畑口さんは振り返る。同氏は芳名録に「核の脅威のない世界をつくるために、われわれは友人である日本国民と完全に連帯しています」とのメッセージを残した。

畑口さんは「大国のエゴがある限り、核廃絶の実現は難しい」と指摘する。ただ、だからこそ来年広島で開催されるG7サミット(先進7カ国首脳会議)は「大きなチャンス」と話す。「(広島で)被爆の実相に触れ、核廃絶への具体的な行動を示し、それを実行に移してもらいたい」。畑口さんは大きな期待を寄せている。

【時事通信社】 〔写真説明〕平和記念資料館元館長の畑口實さん=7月20日、広島市中区 〔写真説明〕平和記念資料館を訪れ、被爆直後の広島市を再現した模型を前に畑口實館長(当時、前列左端)から説明を受けるウクライナのユーシェンコ大統領(当時、同右端)(広島市の平和記念資料館提供)

2022年08月05日 14時23分


関連記事

国内感染、累計1500万人=3日連続

旧統一教会「不当な影響ない」=安倍氏

国内感染、最多25万人超=20道県で

三宅一生さん死去=世界的デザイナー、

広がる「ヘルプマーク」=誕生10年、

時と国境、超えたデザイン=着心地良く

核廃絶「未来守る唯一の道」=使用リス

ウクライナ侵攻「原爆投下と重なる」=

「使われたら地球破滅も」=核廃絶に向

「核被害、繰り返さないで」=第五福竜

二重の差別、痛み分かって=次世代へ伝

長崎、9日原爆の日=77回目、「核な

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース