一般社団法人 日本電子機器補修協会

rogo

日中・日韓、続く難路=正念場の岸田外交―内閣改造



岸田文雄首相は内閣改造で林芳正外相を留任させ、昨年末に打ち出した「新時代リアリズム外交」の展開を図る。最大の懸案は台湾情勢の緊迫化で一変した対中外交の立て直し。厳しい安全保障環境を勘案すると日韓関係の改善も急務で、正念場が続く。

首相は「自由で開かれたインド太平洋」構想を通じて中国をけん制しつつ、経済面のつながりを重視して関係維持に腐心してきた。今回、日本を含む先進7カ国(G7)が軍事的威嚇を批判したことに中国が反発。4日に予定された外相会談は見送られた。

日本は対話の機会をなお模索する構え。国交正常化50年の節目を9月29日に迎えることから、その2日前に開かれる安倍晋三元首相の国葬に中国が要人を派遣するかが今後を占う試金石となる。

日韓は北朝鮮の核・ミサイル開発を踏まえ、関係改善の必要性では一致しているものの、元徴用工問題などの行方は見えない。韓国側は「望ましい解決策」を示すとするが、時間との勝負になっているのが実情。原告への支払いに充てるため差し押さえられた日本企業の資産が現金化されれば、重大な影響を与えそうだ。

ウクライナ侵攻を続けるロシアに対し、日本はG7と連携して圧力をかけ続ける方針。ロシア側が揺さぶりを強める中、エネルギーの安定供給をどう図るかが課題となる。

来年5月には首相が議長を務めるG7首脳会議(サミット)が被爆地・広島で開かれる。首相はライフワークの「核なき世界」を主要議題の一つに据える意向。ただ、ロシアがウクライナ危機で核兵器使用を示唆するなど逆風にさらされており、核軍縮の機運を高められるか見通せない。

【時事通信社】 〔写真説明〕林芳正外相=2日午前、東京・霞が関の外務省

2022年08月10日 14時52分


関連記事

SMBC日興に一部業務停止命令へ=監

臨時国会、12月10日まで69日間=

日韓首相、関係改善へ「意思疎通を加速

臨時国会、10月3日召集=会期説明な

安倍氏、外交・安保で存在感=「森友・

対中連携、豪印首脳と確認=岸田首相が

安倍氏国葬、4200人参列=世論二分

「違和感、疑問、反発」=立民、共産が

外務省、領事館員拘束に抗議=駐日ロシ

入国時検査を原則撤廃=同時に旅行支援

午後に安倍氏国葬=一般献花に長蛇の列

ハリス米副大統領と同盟強化確認=岸田

政治・行政ニュース

社会・経済ニュース

スポーツニュース